ここから本文です

バイエルンの19歳チョン・ウヨンがブンデスデビュー。「強烈なインパクトを残した」と韓国メディア興奮

3/3(日) 12:19配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンに所属する19歳の韓国人FWチョン・ウヨンが現地時間2日に行われたブンデスリーガでデビューを飾った。韓国メディアは、新たなスター候補の登場に盛り上がっている。

 チョン・ウヨンは仁川ユナイテッドの下部組織に所属していた2017年にバイエルンへ移籍。主にU-19チームでプレーしていたが、順調にステップアップを続け、リザーブチームで活躍していた。

 昨年11月にチャンピオンズリーグでトップデビューを済ませていたチョン・ウヨンは、2日のボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦の終盤に登場。86分からのプレーだったが、PK獲得につながるパスを出したほか、枠内シュートも記録し、短い時間で存在感を示した。

 『スポーツソウル』は「出場時間は長くなかったが、強烈なインパクトを残した」と高評価。他のメディアも新たなスター候補の登場を歓迎している様子だ。

 U-20韓国代表にも呼ばれているチョン・ウヨン。これからトップチームで出場機会を増やしていけるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3/3(日) 12:19
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事