ここから本文です

イニエスタがキャプ翼と“共演” 幼少期の思い出は…「実現しようと思ってやっていた」

3/4(月) 14:30配信

Football ZONE web

イニエスタが京成電鉄四ツ木駅キャプテン翼プロジェクトオフィシャルサポーターに就任

 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、京成電鉄四ツ木駅キャプテン翼プロジェクトのオフィシャルサポーターに就任した。イベントに出席した稀代のゲームメーカーは、「日本に来る決断をするうえで重要なことはたくさんあったのですが、『キャプテン翼』が作られた日本でサッカーができることを本当に喜んでいます」と、『キャプテン翼』への思いを語った。

【動画】幼少期にキャプテン翼のプレーを真似た成果? 神戸MFイニエスタの華麗なバックヒール股抜き

 4日、四ツ木駅にて「京成電鉄四ツ木駅キャプテン翼特別装飾キックオフイベント」が開催され、スペインの名門バルセロナでスーパースターとして活躍したイニエスタと、『キャプテン翼』の作者である高橋陽一先生が出席した。

 京成電鉄代表取締役社長小林敏也氏は、「この企画を通じて、日本の国内あるいは国外を問わず、この地に多くのお客様に訪れていただいて、地域のそしてサッカーの盛り上げに貢献できればと切に願っています」と、プロジェクトの趣旨を説明。四ツ木駅に飾られる駅看板のデザインや約11万枚の使用済み切符で作られた『キャプテン翼』のきっぷアートの除幕式が行われた。

 イベント内のトークセッションでは、イニエスタが『キャプテン翼』との出会いについて言及。「たしか6~7歳ぐらいだったと思うのですが、当時は朝8時くらいに放送していました。学校に行く前にお母さんがテレビをつけてくれて、よく見ていたのを覚えています」と、小さな頃からのお気に入りだったことを明かした。また、、そのプレーをマネしていたという。

「なかには、すごく難しい技があって、なかなかできないのもあるのですが、やっぱりサッカーの良いところはクリエイティブにプレーできることだと思うので、それはピッチの中でも実現しようと思ってやっていました」

名手イニエスタが車掌を真似て電車の発着を見守る

『キャプテン翼』作者の高橋陽一先生は、イニエスタが四ツ木駅に来てくれたことに驚きを隠せない様子で、「僕が漫画を描き始めた頃には翼くんが成長してバルセロナに入って、バルセロナのスーパースターのイニエスタ選手が四ツ木駅に来てくれるなんて、本当に夢にも思っていなかったことなので、大変嬉しく思っています」と、想像を超える出来事だとその感動を伝えていた。

 高橋先生は最後に、「来年には東京オリピックもあり、京成電鉄は成田空港にも羽田空港にもつながっていますので、ぜひとも海外の方にも四ツ木駅に来ていただけたらなと思います」と、自身の地元である四ツ木駅のアピールをしていた。

 イベント終了後に駅構内を案内されたイニエスタは、ホームで車掌にも挑戦。『キャプテン翼』の技を真似た時のように、駅員の真似をして旗を掲げ電車の発着を見守っていた。

川原宏樹 / Hiroki Kawahara

最終更新:3/4(月) 14:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事