ここから本文です

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーションvol.2

3/5(火) 8:01配信

Meiji.net

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーションvol.2

嶋田 総太郎(明治大学 理工学部 教授)

近年、居ながらにして様々な情報をリアルに体験できるヴァーチャルリアリティ(VR)の技術を活用したサービスが、様々な業界において開発されています。このVRの発展を支えている研究分野のひとつに、認知脳科学があります。脳の情報処理を解明していく研究は、VRにとどまらず、人間の社会性や、人間そのものの解明につながっていくといいます。

◇脳の自己身体イメージを錯覚させる実験

脳の中には自分の身体についてのある種のイメージがあると考えられます。

その形成メカニズムを調べるために、「ラバーハンド錯覚」という実験があります。

ここでは、被験者自身の手と、マネキン人形の手のようなラバーハンドを並べ、被験者からは自分の手は見えないようにしておきます。

その状態で、実際の手とラバーハンドの同じ部分をブラシなどで同時に撫でていると、被験者は、ラバーハンドは作り物だとわかっていながら、徐々に、ラバーハンドが自分の手のように感じられる錯覚が起こるのです。

これは、視覚と触覚が一致することによって起こる現象です。そこで、実際の手とラバーハンドを撫でるタイミングを変えていくと、300ミリ秒(約1/3秒)ほどのずれが出ると、錯覚が起こりにくくなることがわかりました。

実は、視覚情報は脳の後頭葉に集められ、触覚情報は頭頂葉に集められるのですが、その後、それらの入力信号は脳の中で合流します。

そのとき、300ミリ秒以内のずれであれば脳は吸収し、視覚情報と触覚情報は一致していると判断するわけです。

つまり、脳には自己身体イメージを形成するメカニズムがあり、五感から入る情報に多少の時間的ずれがあっても、そのイメージは保たれるということです。

この脳の機能を応用すれば、例えば、データグローブとヘッドマウントディスプレイを使ったVRで自分のキャラクターを動かすとき、自分の動きとキャラクターの動きのずれの許容範囲を計算することができます。

また、近い将来、このときの脳の活動やその情報処理を解き明かすことができれば、脳の指令によって機械を動かすブレイン・マシンインタフェースの技術を向上させ、例えば、思った通りに義手を動かしたり、車椅子を自由に動かすなど、医療や福祉の分野への利用が可能になってくると考えます。

※取材日:2018年1月

次回:脳のミラーシステムの発達が人間の社会性を高めた(3月6日8時公開予定)

嶋田 総太郎(明治大学 理工学部 教授)

最終更新:3/5(火) 8:01
Meiji.net

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Meiji.net

明治大学

社会問題を明治が読み解く
オピニオンは月3回更新

研究×時事問題。明治大学の教員が少子化
問題や地方創生、アベノミクスや最新の科学
技術など、タイムリーな話題を解説する、
大学が運営する新しい形の情報発信サイト。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事