ここから本文です

今井正人が粘りの走り。元祖・山の神には「休む勇気」が必要だった

3/5(火) 8:20配信

webスポルティーバ

 日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)も出場し、日本勢の好記録再びと期待された3月3日の東京マラソン。あいにくの雨に加えて、気温はスタート時が5.7度、ゴール時は4.9度と厳しい条件の中での戦いになった。

 レースはペースメーカーが下り基調の最初5kmを14分37秒で引っ張り、次の5kmも14分32秒、そのあと、中間点通過は1時間02分02秒と、2時間3分台も狙えるハイペースで進んだ。

初マラソンでMGCを獲得した関根花観

 そのトップ集団についた日本勢は、すでに9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)出場を決めている大迫と中村匠吾(富士通)、佐藤悠基(日清食品グループ)だった。だが22kmを過ぎたあたりから日本勢は全員が遅れ始める展開に。

 いつもより肩に力が入った感じで集団の後方を走っていた大迫は「スタート地点から寒くなって、身体が動かなくなった」と29km地点で棄権。37kmまで日本人トップを走っていた佐藤も「30kmを過ぎてから急に寒くなって(身体が)動かなくなった」と最後は16位に落ちた。また、中村も15位と失速して、途中まで世界レベルの記録を狙うレース展開だったが、寒さという悪条件に阻まれてしまった。

 一方、優勝したビルハヌ・レゲセ(エチオピア)は、ペースメーカーが外れた30km過ぎから並走していたビタン・カロキ(横浜DeNA)を徐々に突き放し、ほとんどの選手が16分台に落ち込んだ35~40kmも15分04秒で走り、ラスト2.195kmも唯一の6分台でカバー。自己記録より33秒遅いだけの2時間04分48秒で世界トップレベルの強さを見せた。

 日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、この結果をこう分析する。

「優勝したレゲセ選手は寒い中でもあの記録だから2時間2分台の選手だと言っていい。日本はまだ(トップクラスの選手で)2時間6分前後なので、その力の差が雨の中で出てしまった。日本選手の力はまだまだだと認めなければいけない」

 結局、日本勢は前半から2時間6分台を狙う集団にいた選手たちが後半になって順位を上げ、5位(2時間10分21秒)になった初マラソンの堀尾謙介(中央大)と6位(2時間10分30秒)の今井正人(トヨタ自動車九州)、7位(2時間10分35秒)の藤川拓也(中国電力)が日本人3位以内で条件のタイムをクリアし、MGC出場権を獲得した。このほか、2レース平均タイムのワイルドカードで8位(2時間11分05秒)の神野大地(セルソース)がMGC出場権を獲得する結果になった。

 その中で、安堵の表情を見せていたのが今井だ。

「25km手前の橋の下りで、四頭筋や座骨系の結節あたりがちょっと動かなくなって『いけないな』という感覚が出てきてしまった」と、4人になっていた日本人集団から遅れ始めた。だが「気持ちはまだあったので、まだまだ終わりじゃないと思って走った」と粘りを見せた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事