ここから本文です

「メトロ エクソダス」は、地下世界の張り詰めた“空気感”を地上でも貫いた

3/6(水) 8:11配信

WIRED.jp

「メトロ エクソダス」や「メトロ」シリーズのほかの作品をプレイする前に、ひとつやっておくべきことがある。設定画面で字幕をオン、音声をロシア語にするのだ。

2019年に期待したい新作ゲーム15選+2

他人様の遊び方にケチをつけるわけではないが、これがこのシリーズの正しい遊び方である。なぜならメトロシリーズの特徴は、その「空気」にあるからだ。

儚い夢を抱いて地上に出る地下の民

ロシアの小説を基に、紛うことなきポストアポカリプスのロシアを舞台に繰り広げられる本シリーズは、「張り詰めた空気」をその持ち味としてきた。

シリーズ過去作品の舞台は、モスクワの地下鉄(メトロ)である。核戦争を生き延びた者たちのシェルターと化したトンネルでは、全市民が身を寄せ合いながら暮らしていた。

そんな過去の作品たちが描いていたのは、旧文明の終焉から20年後の日常を覆う絶望と窮乏だった。アポカリプスそのものというよりは、それが原因で引き起こされた人々の厳しく孤立した生活に目が向けられていたのだ。

一方、メトロ エクソダスは「Exodus(集団脱出)」の名からもわかるように、地下の民を地上に向かわせることで空気をガラリと変えている。

プレイヤーがふんするのは、主人公アルチョム。強奪した蒸気機関車に乗る兵士のひとりである彼は、ガスマスクと銃を身に着け、地上に住める場所を探すという儚い夢を抱いてモスクワを出発するのだ。

新しい設定下でも、メトロシリーズの特徴である「雰囲気第一」のルールは続いている。

物語では、アポカリプスを引き起こした政治やその意味に関する描写は少ない。代わりに描かれているのは、機関車のパーツの破損や貯水タンクの枯渇、あるいは主人公たちがたまたま見つけたおんぼろのトラックに見出す希望である。このゲームが描いているのは、希望やコミュニティー、そして死という運命への必死の抵抗なのだ。

広々とした世界で、資源不足が身に染みる

「メトロ」シリーズの舞台をメトロの外に移すにあたり、開発元である4Aゲームズは大規模な実験を行った。暗い地下鉄の回廊でのステルス攻撃や暴力といったものを糧としてきたこのゲームに、新しいゲームプレイや環境を取り入れたのだ。

回廊は新作にも健在だが、本作には砂漠や凍てつく湿地帯、炎が燃え盛る油田、何キロメートルにもわたって続くツンドラなども登場する。厳密にはオープンワールドゲームではないが、小規模なオープンワールドと言える要素も旅路にちらほら現れるだろう。

一見こうした場所は、本シリーズのどこか制限のある戦闘や動きに合わないような気もする。しかし、ここにはキラリと光るアイデアがいくつか見られる。

アルチョムは、あらゆるものをツールとして活用する。盗んだり、ごみを漁ったりして手に入れた小片から銃弾や銃のパーツをつくったり、酸素ボンベからガスマスクをつくったり。十分すぎるほど広々とした空間をもつ本作は、プレイヤーに「生き抜くためにギリギリのリソースしか置かれていない」という感覚を、恐ろしいほど効果的に植え付けているのだ。

辺りをうろつくのは、モンスターや奇形生物たち。ミュータントの一群に出合ったら、戦うよりも逃げたほうが得策だ。この世界を埋め尽くすのは、自分よりも強く大きい生き物、そしてプレイヤーをエネルギー不足のままひたすら逃げ惑わせるような脅威である。

何を言いたいかというと、メトロ エクソダスは「メトロ」の世界を地上にもちこみ、食物連鎖の最下層にいることの恐怖を始終与えることによって、このゲームに必要だったものを見事完成させたのだ。

1/2ページ

最終更新:3/6(水) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事