ここから本文です

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーションvol.4

3/7(木) 8:01配信

Meiji.net

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーションvol.4

嶋田 総太郎(明治大学 理工学部 教授)

近年、居ながらにして様々な情報をリアルに体験できるヴァーチャルリアリティ(VR)の技術を活用したサービスが、様々な業界において開発されています。このVRの発展を支えている研究分野のひとつに、認知脳科学があります。脳の情報処理を解明していく研究は、VRにとどまらず、人間の社会性や、人間そのものの解明につながっていくといいます。

◇身体を置き去りにしていたネットのコミュニケーションにも変化

人間以外の動物にもある脳のミラーシステムが、人間だけが構築し得た高度な社会形成につながっていったのは、人間には他者をもっと理解したいという強い潜在的欲求があり、それがミラーシステムを介したノンバーバル・コミュニケーションを発達させ、さらにより高度なメンタライジングへとつながっていったからだと思います。

その意味で、脳の持つコミュニケーション能力にとって身体の関わりが非常に重要であることがわかります。

当初は、メールなどテキストベースであったネットのコミュニケーションが、絵文字やスタンプを多用するようになり、最近では、写真や動画の共有へと推移してきているのは、通信技術の進歩ももちろんありますが、身体が欠落した言語コミュニケーションでは伝えきれないものがあることを、社会としても認識してきたからではないかと思います。

写真や動画は、身体表現によるコミュニケーションをある程度補完できると考えられます。

いまでも、いわゆる炎上騒ぎや罵り合いのような形になるのは、テキストベースのやり取りや参加者の匿名性が高い場合が多いようです。

だれとでも手軽にコミュニケーションがとれるネット社会によって、一見、コミュニケーションが濃密化したように見えながら、実は、身体を置き去りにしたコミュニケーションではそれが逆に希薄化し、身体レベルの共鳴による共感が起き難くなっていることを、認知脳科学の観点から、あらためて指摘することができます。

※取材日:2018年1月

嶋田 総太郎(明治大学 理工学部 教授)

最終更新:3/7(木) 8:01
Meiji.net

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Meiji.net

明治大学

社会問題を明治が読み解く
オピニオンは月3回更新

研究×時事問題。明治大学の教員が少子化
問題や地方創生、アベノミクスや最新の科学
技術など、タイムリーな話題を解説する、
大学が運営する新しい形の情報発信サイト。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事