ここから本文です

オスカー受賞10本、いますぐNetflixで鑑賞可能な名作リスト

3/7(木) 21:21配信

エスクァイア

 Netflixはここ数年、ストリーミングサービスとしてではなく、本格的な制作会社としての地位を確立し続けてきました。その代表的な作品が、テレビドラマ『Orange Is the New Black(オレンジ・イズ・ニュー・ブラック)』であり、『House of Cards(ハウス・オブ・カード 野望の階段)』、『Stranger Things、GLOW(ストレンジャー・シングス 未知の世界)』など。このように定評あるオリジナルシリーズを成功させています。

【 動画 】オスカー 感動のスピーチ集 ― YouTube再生回数で見る、アカデミー賞BEST10

 ですが、いまもなおNetflixは本当に素晴らしい映画を見つけるための場所でもあるのです。そんなわけで、第91回アカデミー賞授賞式の余韻を楽しみながら、Netflixでこれまでのオスカー受賞作品を振り返ってみてはいかがですか?

『AMY エイミー』

2016年2月28日に行われた第88回アカデミー賞で、長編ドキュメンタリー映画賞を受賞しました。

ストーリー/2015年に公開されたイギリスのドキュメンタリー映画。2011年7月23日に、27歳で亡くなったイギリスのシンガー、エイミー・ワインハウスを描いています。

『Apocalypse Now(地獄の黙示録)』

1980年4月14日に行われた第52回アカデミー賞授賞式では、作品賞を含む8部門でノミネートされた中、撮影賞と音響賞を受賞しました。

ストーリー/マーティン・シーン扮するベンジャミン・L・ウィラード大尉は、不正を行って地元の神としての地位を確立したマーロン・ブランド扮するウォルター・E・カーツ大佐の暗殺指令を受けるのですが…。

『The Aviator(アビエイター)』

2005年2月27日に行われた第77回アカデミー賞において、最多の11部門にノミネートされるも、期待されたマーティン・スコセッシ監督初の監督賞、そして作品賞、またレオナルド・ディカプリオ初の主演男優賞が期待された中、実際にはどれも受賞には至りませんでした。その代わり、その他の部門では5部門、助演女優賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞しました。

ストーリー/レオナルド・ディカプリオによる実在の大富豪、実業家であるハワード・ヒューズの波乱に富んだ半生を描いた作品。一時期、恋愛関係にあった女優キャサリン・ヘプバーン役には、現在の大御所女優ケイト・ブランシェットを起用し脇を固めたマーティン・スコセッシ監督らしさが光る名作です。

1/3ページ

最終更新:3/7(木) 21:21
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事