ここから本文です

経営者の夫が突然の病に!裕福な家庭を襲った「住宅ローン」

3/7(木) 14:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

住宅ローン破綻にいたった家庭の事情は複雑で、さまざまな要素が絡んでいるため、お金の問題だけを解決しようとしてもうまくいきません。本記事では住宅ローン破綻にいたった家族を例にあげて、具体的に問題点をピックアップし、解決策を解説していきます。

温和な夫が「異常行動」を見せるように…原因は?

≪丸太さん(62歳・男性)≫

職業:電気工事会社経営

年収:1500万円

備考:15年前に脱サラして電気設備工事の会社を起業。会社設立当初は苦しい時代もあったが、温厚で真面目な人柄が評価され事業に成功。子どもは長男と次男がおり、2人とも成人後離れて暮らしている。

≪丸太さんの妻(58歳・女性)≫

職業:主婦

備考:自宅で料理教室を開くほどの料理好き。将来的には外食店を経営したいという思いがあり、自宅にはそのためのスペースを設けた。

≪物件とローンの詳細≫

住宅のタイプ:新築一戸建て(注文住宅)

購入価額:7500万円

うち住宅ローン:6500万円

ローンの詳細:返済期間35年・金利3.0%(元利均等)

公的金融機関、民間銀行から分散して融資を受けたため、自宅には保証会社の分を含め3番抵当権まで設定された。

毎月の返済額:25万153円

丸太さん一家が自宅を購入したのは15年前のことです。当時、事業が軌道に乗り、安定的に収入を得ていた丸太さんは京都市内でも人気の高いエリアに売り物件が出たことを知り、住宅ローンを組んでこだわりの注文住宅を建てたのです。

土地と建物を合わせた価格は6500万円あまりでしたが、さらにキッチンにプロ仕様の設備を導入したため、余分なコストが1000万円かかりました。合計7500万円のうち、頭金として自己資金を1000万円入れたので、住宅ローンの総額は6500万円、月々の支払いは25万円あまりにのぼりました。

大きな額のローンですが、丸太さんの年収は1500万円ほどあったため、ローンの審査に問題はなく、むしろ窓口になった銀行は「もっと借りませんか」とすすめたほどでした。

新しい住まいでの暮らしは一家にとって快適なものでした。住宅購入時に小学生だった長男と次男は新居で育ち、有名大学を卒業してそれぞれ独立していきました。事業も順調でローンの支払いに困ることはなかったのですが、15年を経て突然問題が発生しました

それまでバリバリ働いていた丸太さんに異常行動が見られるようになったのです。温和で顧客思いな人柄だったのが、仕事先とたびたびトラブルを起こすようになりました。簡単なミスが増え、指摘されるとキレるという今までの丸太さんからは考えられない行動をとるようになったのです。

家でもひんぱんに感情を爆発させるようになりました。すっかり人が変わってしまったことに家族は戸惑うばかりでした。病院で診断を受けた結果、認知症の一種である前頭側頭型認知症と診断されました。感情をコントロールする前頭葉と側頭葉に障害が起きる病気で、物忘れはあまり起きないものの、異常な行動や社会的に問題のある行動が増えるという症状に特徴があります。丸太さんの場合は顧客と喧嘩になることが増え、ついには仕事を続けることができなくなってしまいました。

1/4ページ

最終更新:3/7(木) 14:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事