ここから本文です

吉田沙保里、超高級タワマン引っ越し 婚活のために公表せず

3/8(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 現役引退から約2か月。レスリングの元女王・吉田沙保里(36才)は、東京五輪やスポーツ関連のみならず、さまざまなイベントやCMにひっぱりだこだ。

【写真】キレイなデコルテを披露!吉田沙保里のウエディングドレス姿

 2月27日には、桂由美さんの新作発表会で、肩があらわになったウエディングドレス姿を披露。新郎役の武井壮(45才)にお姫様抱っこされ、かわいくはにかんだ。

 その翌日には住宅情報誌『SUUMO』の「住みたい街ランキング2019 関東版」のイベントに出席したが、そこでの発言が関係者の間で波紋を呼んでいる。

「住まいの話になった時、彼女が『(東京に拠点を移す)可能性はあります』と言ったんです。でも、彼女はすでに東京に“自宅”を持っているはずなんです。あるCM撮影後も広告代理店の関係者と合コンをし、“タックル”をかわされ、1人で都内のマンションに帰宅していましたから。彼女をよく知る関係者からすれば、『なんで隠すの?』という感じです」(イベント関係者)

 現在、吉田はレスリングの女子日本代表コーチに加えて、出身校である至学館大学の職員という肩書も持つ。

「至学館大学があるのは愛知県大府市。吉田の住まいは大学近くのマンションで、2018年8月にパワハラ問題で退職した栄和人コーチの隣室を購入しています。上京した時は、東京・北区のナショナルトレーニングセンターに泊まっていることになっています」(スポーツ紙記者)

 だが、実態は異なるようだ。

「彼女が東京で寝泊まりしているのは、都心の一等地にあるタワーマンションです。母親が代表取締役を務めるスポーツマネジメントの会社名義ですが、実質的には吉田の家と言っていい。少なくとも一昨年末頃から頻繁に出入りし、都内での仕事が増えたこともあり、昨年からはほとんどこのタワマンに住んでいるようでした。

 ただ最近になって変化がありました。別の場所に引っ越したと聞いています」(テレビ関係者)

“新居”はさらに地価の高い都心のタワマンだという。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事