ここから本文です

堀ちえみさん公表の舌がん 高い生存率、食事に影響も

3/8(金) 10:12配信

NIKKEI STYLE

歌手の堀ちえみさんがステージ4の舌がんになったことを公表してから、舌がんや口腔(こうくう)がんに関心が集まっている。舌がんや口腔がんとはどんながんなのか。東京医科歯科大学歯学部で多くの口腔がん患者を治療してきた顎口腔外科の原田浩之教授に話を聞いた。

口腔には食物を「咀嚼(そしゃく)する」「呼吸する」などの働きのほかに「話す」「歌う」などの役割もあり、人としてのコミュニケーションを取るうえでも大切な器官といえる。したがって口腔がんは、人生から食べる喜びや他人とおしゃべりする楽しみを奪う可能性があるがんということもできる。

■最も多い口腔がんは舌がん

口腔がんとはあごや口の中の粘膜に発生するがんの総称である。国立がん研究センターがん対策情報センターによると、国内の口腔・咽頭がんの患者数は、1975年の2497人から2014年には1万9013人(うち口腔がんは9496人 ※2013年以前の口腔がんのみの集計値は公表されていない)と増えているが、この原因は主に高齢化の進展。男女比は3対2の割合で男性が多く、年齢は70歳代が多い。

毎年、約100万人が新規にがんと診断される日本ではがん全体の約1%でしかない口腔がんは決してメジャーながんではない。だが、がんになるリスクは民族、国、地域、生活様式によって大きく異なる。かみたばこが普及している南アジアでは非常に多く、インドでは250万人の患者を数える。

「一口に口腔がんといっても、がんができる部位によって細分化されている」と原田教授は語る。日本国内における各がんの種類とおおよその発生割合は次のようになる。

舌がんを除き、聞き慣れないがんばかりだが、「口底がん」は舌の裏側に接する部分(口腔底)を中心に発生するがんで、昭和の名大関「貴ノ花」として人気を誇った二子山親方が、2005年にこのがんで亡くなっている。「こうこうがいがん」と読む硬口蓋がんは、口腔と鼻腔(びくう)の間にある口腔上壁にできるがんだ。そのように細分化される口腔がんで最も多いのは、やはり舌がんだ。

1/3ページ

最終更新:3/8(金) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事