ここから本文です

幼な妻に揺さぶり? 「紀州のドン・ファン」遺書に捏造疑惑浮上

3/8(金) 5:58配信

デイリー新潮

 迷宮入りも囁かれていた「紀州のドン・ファン」怪死事件が、あらたな展開を見せ始めた。和歌山県警だけでなく、大阪府警も捜査に乗り出したのだ。その最中、急性覚醒剤中毒で謎の死を遂げた野崎幸助氏(享年77)の遺言書に、「捏造」の疑いが浮上してきたのである。

【写真】22歳の幼妻・Sさん

 22歳の幼な妻を残して、和歌山県田辺市の資産家、野崎氏が怪死してからはや9カ月。和歌山県警は「殺人事件」として捜査に着手したものの、未だ犯人逮捕には至っていない。

 社会部記者によれば、

「昨年暮れ、“ドン・ファン捜査班”が増え、2班体制になりました。あらためて関係者の洗い出しを行い、このところ、和歌山だけでなく、東京などにも捜査員が投入されています」

 しかも、大阪府警までが乗り出してきたという。

「事件発生直後の家宅捜索で、野崎さんの自宅からシャブに使う注射針が見つかりました。それは、野崎さんが幼な妻の前に交際していた愛人の置いていった荷物から出てきた。府警が別件のシャブ捜査をする過程で、どうやらその愛人のことが浮かび上がったようです。そのため、府警の捜査員が和歌山入りし、愛人と交流のあった人物に聞き込みを始めたのです」(同)

 捜査は風雲急を告げているようだが、実際、幼な妻とともに、ドン・ファンの遺体の第一発見者となった家政婦の身辺も騒がしくなっている。当人に聞くと、

「私自身は警察に呼ばれたりはしてないのですけど、私の携帯の電話帳に載っていた人たちに手当たり次第、当たっているみたい。元夫が覚醒剤事件で捕まったりしたから、やはり疑われているのかも。“田辺署の捜査員が話を聞きに来たけど、悪いことをする人じゃないと答えておいた”と言ってきた人もいれば、“もう二度と会いたくない”“金輪際、電話をかけてくるな”と絶縁宣言されたりもして……。本当に迷惑しています」

 捜査が動き始めた一方で、実は、ドン・ファンの遺書にも疑いの目が向けられるようになっていたのである。

1/2ページ

最終更新:3/8(金) 13:04
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事