ここから本文です

セブン-イレブンの「おにぎり」セールに異変 “1個100円”が“朝2個200円”に不満の声

3/8(金) 6:50配信

デイリー新潮

 目下、24時間をめぐって「セブン-イレブン(以下、セブン)」の名が取り沙汰されている。3月中旬からは一部店舗で時短営業の実験がはじまるというから、コンビニ業界そのものの在り方を問いかねない大ごとである。一方、こちらもセブンをめぐる大ごと。おなじみ「おにぎり100円セール」が“改悪”されてしまったのでは、というのだ。

【写真】「好きなおにぎり」不動の1位は…!?

 ***

 日本人なら誰でも一度は……というのは大げさだとしても、ひとつ100円になるコンビニのおにぎりセールには、お世話になったことがある人も多いはず。つい先月も、ファミリーマートが2月14~18日の5日間でセールを実施。160円未満(税込、以下同)の商品が100円に、160円以上のものは150円になっていた。やはりミニストップでも、2月15日から3日間、おにぎりが1個100円になるセールを開催。おにぎりセールは、今やおなじみの光景であるといえる。

 それは、セブンでも同じはずだった。昨年12月1~4日に行われたセールでは、これまでと同様に、160円未満のおにぎりが100円、160円以上200円未満のものが150円になるという“1個100円”スタイルだった。ところが3月1日から16日まで実施されている今回のセールは、160円未満のおにぎりを2個買うと200円。しかもAM4:00~AM11:00の間限定という、“朝セブン”枠になってしまったのだ。

 これをセールの“改悪”ではと指摘する声は少なくない。〈いつものおにぎり100円セールに戻せ〉という怒りの声ほか、〈「朝だけ」だってことちゃんと分かりやすく表示しなさいよ〉〈時間指定あるらしく、今買ったら普通の値段とられた〉といった、いつものセールの調子で買ってしまったなんて報告もSNSにはちらほらと……。

 業界ウォッチャーの間でも、セブンがセールの方向を変えてきたことは話題になっているようだ。なにせ、同社は〈均一セールをコンビニで最も早く導入しており、初めてセールを行ったのは2005年1月〉(14年8月10日付日経MJより)というパイオニアだからだ。

「90年代にも、ローソン、ファミリーマートなどが1個100円の低価格おにぎりを売り出していましたが、あくまで“定価100円”の格安おにぎり商品でした。“セール”という形はやはりセブンが初めてで、普段は高いおにぎりが100円で買えるというお得感が、集客効果を生むのです。店側にとっても、ついでにカップみそ汁やお茶を買ってくれたりといった恩恵がありました。店によっては、セール期間中の商品販売数が倍になることもあるといいます」(業界紙記者)

 ではなぜ、セブンは今回“1個100円”ではなく、時間を限った“2個で200円”としたのか――そこには別角度からの消費者アプローチがあるようだ。

1/2ページ

最終更新:3/8(金) 13:33
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい