ここから本文です

大人の女性へと成長した女優・川島海荷が語った恋愛観「恋はいつも安全なほうを選んじゃいます」

3/8(金) 15:20配信

週プレNEWS

歌手・倉木麻衣のデビュー20周年イヤー突入を記念し、映像配信サービスdTVにてスペシャルプロジェクトが始動。彼女の名曲から生まれたオリジナルドラマ『FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~』が本日、3月8日(金)から配信スタートした。

【画像】女優として活躍する川島海荷

新曲『きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない』(3月20日リリース)など5曲を主題歌とし、それらの楽曲の歌唱映像とショートドラマがかわるがわる流れるという新しい試みだ。さらに、視聴者が選ぶ1話ごとの選択肢によって続きの展開が変わっていく"ストーリー選択型ドラマ"になっている。

そのドラマの主演を務めるのは、朝の情報番組『ZIP!』の総合司会としても活躍する女優・川島海荷さん。恋に悩む大学生役を演じる彼女に、作品への思いのほか、自身の大学時代や恋愛観についてまで聞いた。

――視聴者がストーリーを動かしていくドラマ『FHIT MUSIC♪』。エンディングがひとつじゃないって面白いですよね。

川島 新しいドラマの形だと思います。物語の展開を自分で選べるので、一緒にドラマを作ってるような感覚にもなれるんじゃないですかね。倉木麻衣さんの名曲とともに、楽しんでもらいたいです。

――デビュー20周年に突入した倉木さんですが、数ある曲のなかでも好きな曲は?

川島 『Secret of my heart』が好きです。実家にいた頃、車の中でよく流れていた曲なんですよ。お母さんが好きだったんだと思うんですけど、いろいろ聴いた曲のなかでも耳に残っていて。今回のドラマでも出てくるので、懐かしさもあってすごくうれしかったです。

――あのイントロが流れるだけでこみ上げてくるものありますよね。

川島 そうですよね(笑)。ミュージックビデオのようでもありドラマのようでもあり、より歌詞が心に響いてくるので斬新な作品になっていると思います。

――ドラマは最終的に4パターンのエンディングがありますけど、演じる側としてはどんな気持ちなんですか? 同じ人物なのに違う未来に向かうというか。

川島 そうなんですよ、すごく......大変でした。いろんなパターンを撮影するので、どこのパートかを毎回きちんと確認しながら演じないといけなくて。撮影場所は同じなのに選択によって行動や感情が変わってしまうので、気持ちの切り替えが難しかったです。

――環境によって人は変わりますもんね。川島さんが演じる主人公・凪子は、卒業をひかえた大学4年生の女のコです。

川島 恋愛には消極的だけど、すごく純粋で真っすぐな心を持っているコだなと思いました。でも、私はこんなピュアな心は持ってないかもしれない(笑)。

――そんなことないと思いますよ(笑)。そして物語は、大学生の仲良し男女4人組の恋愛がテーマになってます。片思いから抜け出せない凪子ですが、好きな人がいたら想いを伝えるほうですか?

川島 いや、私も凪子と同じで気持ちを打ち明けられないと思います。相手や周りを観察して、安全なほうを選んじゃいますね。フラれたらどうしようとかマイナスに考えちゃって、いつまでも踏み出せないタイプなんです。

――ドラマのように友達と同じ人を好きになってしまったらどうします?

川島 友達とライバルになったら、諦めると思います。自分の恋をなかったことにしますね(笑)。だから、凪子の気持ちはすごくわかるので、恋愛面だと似てるのかもしれない。大学の友達同士で四角関係って大変だなと思うので、ギリギリの関係性のバランスを意識しながら演じてました。

1/2ページ

最終更新:3/8(金) 18:25
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.26
6月17日(月)発売

特別定価440円(税込)

徹底検証「プリウスロケット」説/「老後2
000万円」問題、素朴な大疑問/6・26
引退 長州力【グラビア】白間美瑠/吉田朱
里&村瀬紗英/渋谷凪咲/安田桃寧 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事