ここから本文です

2019年、これを観るべし!『WIRED』US版が選ぶ期待の映画

3/9(土) 14:19配信

WIRED.jp

2019年になれば、『ブレードランナー』や『AKIRA/アキラ』、『バトルランナー』のような世界になっていると予想されていたものだ。しかし、未来的なヴィジョンやぶっ飛んだ物語は、まだ現実には訪れていない。もちろん、映画館のスクリーン上を除いてだ。

【動画】『WIRED』US版が選ぶ期待の映画25本

今年は、昨年オスカーを獲得した監督たちの最新作に加えて、スーパーヴィランやスーパーヒーローの映画のほか、ディズニーの話題作ラッシュ、スーパースターがチームアップするコミック原作ではないもの(マーティン・スコセッシ監督『The Irishman』での“チームアップ”をご存知だろうか?)も公開される。

そんな19年公開の期待の映画作品から、『WIRED』US版が最も楽しみにしている作品を紹介しよう。

■『アリータ:バトル・エンジェル』(全国公開中)

この作品は「用心深く楽観的な映画」のフォルダに追加しておこう。漫画『銃夢(ガンム)』が原作となる本作。ジェームズ・キャメロンが脚本と制作を、ロバート・ロドリゲスが監督を務めている。このふたり、刺激的だけど、ちょっと躊躇してしまう組み合わせでもある(ロドリゲスは素晴らしい監督だが、最近公開された『シン・シティ 復讐の女神』と『マチェーテ・キルズ』は、まあその、傑作と言うほどではなかった)。

とはいえ、映画の予告編を見る限り期待できそうだ。原作が相応しく扱われているようであれば、大いに楽しめる作品になるだろう。(TEXT BY ANGELA WATERCUTTER )


■『ミスター・ガラス』(公開中)

ヒーローものには飽き飽きしてるって? M・ナイト・シャマラン監督もそれは同じだ。『アンブレイカブル』を皮切りにアンチヒーロー映画を長年手がけ、その続編でもある『スプリット』をこっそりと制作した同監督。彼は今回、この2作品の主人公をひとつのマッシュアップ大作に登場させた。ブルース・ウィリス演じるデヴィッド・ダンは、多重人格者ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)の暴走を阻止するために、その超能力を駆使していく。

原点回帰作ともいえる『スプリット』の続編となる本作、きっと素晴らしい3部作を見事に締めくくるはずだ。(TEXT BY ANGELA WATERCUTTER )


■『キャプテン・マーベル』(3月15日日本公開)

公開されたらすぐ観よう! だって『キャプテン・マーベル』は、ほかのどんなマーベル映画よりも長く待たれてきた作品なのだから。それは主人公が、ソーやブラックパンサーなどより重要な人物だからというわけではなく(たとえ彼女がこのふたりよりもパワフルであったとしてもだ)、本作がマーベル史上初、女性単独主役作品となるだからだ。

その訳もあって大きなプレッシャーがかかっているが、オスカー女優のブリー・ラーソンがキャプテン・マーベルを演じ、アンナ・ボーデンとライアン・フレックが舵取りをしているのだから、なんの心配もない。90年代を感じさせるクリスタルペプシの2リットルボトルを用意すれば、さらに効果抜群だ。(TEXT BY ANGELA WATERCUTTER )


■『Us』(原題、3月15日米国公開)

18年のアカデミー賞受賞作『ゲット・アウト』で監督・脚本家を務めたジョーダン・ピールの、次の手はなんだろうか? どうやら、別の映画で自らを超えようとしているようだ。

本作では、休暇で海辺に出かけたある家族が、自分たちそっくりの不気味なものたちに取り憑かれ、殺されそうになるさまが描かれる。ピール監督がメガホンをとる以上、さらに深い内容になるに違いない。いずれにしろ、その恐怖を知るためにはもう少し待たなければならない。(TEXT BY ANGELA WATERCUTTER )


■『シャザム!』(4月19日日本公開)

ワーナー・ブラザースが手がけるDCコミックス原作映画には、ムラっ気がある。『ワンダーウーマン』傑作だったが、『ジャスティス・リーグ』はそうとは言えない。『アクアマン』は、TOTOの「Africa」をラッパーのピットブルがカヴァーしたような作品なので、評価することはできない。

でも、この奇妙なスーパーヒーロー映画は、主人公を演じるザカリー・リーヴァイのコメディセンスのおかげか、なんだかよさそうに見える。『ビッグ』と、風変わりなスーパーヒーローが好きなら、あるいは、同じくザカリー・リーヴァイが演じる「マーベラス・ミセス・メイゼル」の皮肉っぽい医師が大好きだったなら、本作はあなたにぴったりの作品になるはずだ。(TEXT BY ANGELA WATERCUTTER )

ANGELA WATERCUTTER

最終更新:3/9(土) 14:19
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事