ここから本文です

【聞きたい。】東日本大震災から8年――ペット禁止の避難所で過ごしたゴールデン・レトリバーと被災者の絆『スヌーパー君がいた40日』著者インタビュー

3/9(土) 6:30配信

Book Bang

――今後、被災した際に、被災者とペットとの避難生活はどうしたらいいでしょうか? 

 繰り返しになりますが、やはり「しつけ」は大前提です。その上で、周りの理解や協力を得られるかは、飼い主さんのふるまい次第です。水や食糧、電気やスペースもないなかで、強い緊張や不安を強いられるのが避難生活です。
 その緊張状態のなかで、スヌーパーの頑張りと優しさに、康子さんをはじめ避難所の人たちは助けられました。スヌーパーと康子さんたちの間には、それを見た人たちが応援したくなるなにかがあったのだと思います。避難所生活のなかで、康子さんはご主人と一緒に必死になって、スヌーパーへの理解を得られるように、掃除や水汲みなども積極的に参加していました。本の中に、同じ教室で避難生活を送っていた高野さんの言葉があります。
「スヌーパーがいることで『迷惑をかけている』と思っていたんでしょう。文句ひとつ言わず、先頭に立って一生懸命に気を遣っていたよね。みんなそれを口には出さなくても、それを見ていたのよ。お互い様でしょ。康子さんと実さんが家族と思っているスヌーパーを私たちもだいじに思うのは」

――スヌーパーが周りの人を助け、周りの人もスヌーパーを助けた。

 飼い主としての周りの人への配慮があったからこそ、スヌーパーは共存できたのだと思います。まとめ役だった丹野さんをいちばん手伝ったのが康子さんであり、ご主人でした。そして、その丹野さんの最初の仕事が「スヌーパー」のことだったのです。
 30年以内に日本各地で大地震が起きると言われています。予想もつかない災害が起きたとき、一緒に暮らす動物の家族を守るために何が必要なのか――この本をきっかけに考え、今から準備をはじめていただけたら嬉しいです。

[文]岡山泰史(編集者)

山と溪谷社 2019年3月9日 掲載

山と溪谷社

3/3ページ

最終更新:3/11(月) 12:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事