ここから本文です

元刑事が語る、捜査の行方を左右する指揮官としての条件

3/10(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 警察の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、実際の捜査における指揮官の素養について解説。

 * * *
「指揮官がまずくて失敗したケースは山ほどある。恥ずかしくて言えないほどね。捜査の方向をどう判断すればいいか、そこまでの計算ができない指揮官はダメだな」

 警視庁(本庁)の課長まで務めた元刑事に、捜査を指揮する者にとって大事なポイントは何かと問うと、アゴをさすりながらそう答えてくれた。

「例えばだ、被疑者が隣の県に逃走したとする」

 東京都は警視庁の管轄だが、隣り合う4県は警察庁各県警の管轄である。どの県警とも常日ごろから連携や協力体制が取れているかといえば、そうでもないらしい。特に本庁と神奈川県警はあまり仲がよくないという噂も聞いている。

「今はそこまでではないだろうけど…」と元刑事は前置きした。

「神奈川県警は本庁に敵対意識があった。都と県の境なのに、なぜか国境みたいになるんだ。国境を越えると一緒にうまくできないんだな。他の県警が本庁と捜査する時は“教えてください”とか、“一緒にやらせてください”とか言ってくるが、神奈川は“なんで一緒にやらないといけないの”というスタンスだったね。そういう県もあるから、県との境界線、県境をまたぐ事件は指揮官の考え方次第だったな」

“県境”という言葉に、犯人を追跡している最中、交通違反で神奈川県警に捕まったという他の元刑事の話を思い出した。他の県警では、こういう捜査で犯人を追跡中だと説明すれば許してくれたが、神奈川だけは絶対に許してくれなかったというのだ。本来は「ここから神奈川県に入ります」と県警に無線で連絡しなげればいけないのだが、追っかけている間に犯人が県境を越えてどんどん入ってしまえば追わざるをえず、交差点で一時停止違反を取られのだと聞いた。

1/3ページ

最終更新:3/10(日) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事