ここから本文です

本格的な不景気を予感しつつも名&迷車は生まれる! 平成5年誕生のインパクト大な国産車4選

3/10(日) 11:40配信

WEB CARTOP

今年復活を遂げるトヨタの名車の2代目もデビュー

 平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激動の時代であった。激動だったのは日本車の大躍進や次々と変わったユーザーの志向の変化など、時代を映す鏡とも言われるクルマも同じだった。

コンセプトが迷走した7代目ローレル

 そこで平成の終わりを期に、平成を駆け抜けたインパクトあるクルマを良かったもの、悪かったものを含めて振り返ってみたいと思う。これまで平成元年から平成4年までをお届けしたが、今回は平成5年編をお届けしよう。

■平成5年(1993年)ってどんな年?

 景気はよく言われる「バブルの余波」があった最後の年という印象ながら、この年の3月に日産が神奈川県座間市の工場を2年後に閉鎖するという発表したこともあり、人々は「いよいよ本格的な不景気が始まるのかな」とも思い始めていた。政界では自民党を離党した議員が中心となり結成された新生党や新党さきがけの躍進により自民党は与党の座を失い、新党さきがけの細川護熙氏が総理大臣に就任した。

 世のなかの動きとしては長梅雨と冷夏が原因となった米の不作による米騒動(対応として日本米と輸入米を混ぜたブレンド米も販売された)、サッカーJリーグのスタート、レインボーブリッジの開通、女子中高生の間で大人気になったルーズソックスの登場、テレビドラマ「ひとつ屋根の下」のヒットなどが記憶に残る。

1)トヨタ・スープラ(2代目:A80型)

「THE SPORTS OF TOYOTA」をキャッチコピーに据えた2代目スープラは、とくにアベレージスピードの高いサーキットやアウトバーンのような高速道路で目を見張る速さを見せるスポーツカーだった。自動車メディアによるテストで最高速は280km/hをマークし、最高速付近でのスタビリティ(安定性)も素晴らしいものだったという。

 技術面でも日本車初の6速MTや、トラクションコントロールを安全のためだけでなく速さを向上させるためにも使うスリップコントロール、大きなリヤスポイラーの採用などが注目された。

 また2代目スープラは快適性やクルマのコントロール性なども高く評価され、改良を重ねながら2002年まで生産された。そして今年、スープラは17年振りに復活する。

1/3ページ

最終更新:3/13(水) 22:59
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事