ここから本文です

元ソフトバンク社畜が語る「2人の鬼上司」孫正義が激高して…

3/10(日) 11:08配信

SmartFLASH

■仕事のできない「二等兵」が鬼上司の命令で転職、偽名で仕事を…

 経営企画室は、各部門の会議のほかに、経営会議・株主会議といった、重要な定例会議に出席する。そのたびに、一番下っ端だった須田氏が、すべて資料作成をした。

「いつも締切に追われていましたね。足りない頭で考える時間もムダで、とにかく手を動かすことだけに徹しました。

 鬼上司Aさんは指示を出すと、10分後ぐらいにすぐ『終わった?』と聞いてきます。『終わるわけない』と思いながら、黙々と作業して提出すると『全然数字が違う、こんなわけない。この資料は孫さんたちが読むんだぞ、ちゃんと考えろ!』とコテンパンに叩きのめされる。

 そんな日々を繰り返した僕は、鬼上司の指導に、テニスなどでやる『壁打ち』を受けている心持ちでした。数字の間違いや甘さを詰められ、ロジック不足を詰められ、言葉遣いを詰められ、資料の構成順を詰められ、キレ味がないと詰められ……。

 仕事が遅い僕は、作業が終わらずに、ときどき会社に寝泊まりするようになりました。そんな僕を、鬼上司は『二等兵』と呼び、泊まりが決まった日には、追い打ちをかけるように仕事を課しました。今なら『ブラック企業』と叩かれそうですが、当時は下っ端社員が圧倒的に弱い時代。上司は絶対的な存在でした」

 その後、須田氏が勤めるスカイ社は、業界再編により、競合の衛星放送「パーフェクTV」と合併し、「スカイパーフェクTV!(以下、スカパー社)」に。それにともない、オフィスもお台場から渋谷に移ったが、鬼上司A氏の「壁打ち」は続く。さぞ憎らしかったことだろうと思いきや……。

「いえ、じつはまったく嫌悪感はありませんでした(笑)。Aさんの追い込み方はすごかったのですが、口だけでなく、ものすごく仕事ができる人で、僕は明らかに育ててもらっていました。それに、人が悪いわけではありませんでしたから」

 ソフトバンクグループに転職し、1年と経たないころ、須田氏に転機が訪れる。出資企業が多く経営判断の遅いスカパー社に業を煮やした、経営企画室のCFOが、自分たちの出身母体で、スカパー社の大株主でもあるソフトバンクにかけあって、マーケティング会社を立ち上げた。

 須田氏は、鬼上司A氏の命で、その新会社に転職させられることになった。しかし、株主が出資先の社員を引き抜くことは、ご法度。そこで、A氏が知恵をしぼり、須田氏の「職歴ロンダリング」を図った。

「スカパー社の人事部長面談で大ボスと一緒に芝居を打って退職し、以前から手伝っていた友達が起業したベンチャーに入社、1カ月後にソフトバンクのに転職して、しばらく偽名で仕事をする、というプランでした」

 A氏のプラン通りにことが運び、須田氏はソフトバンクと光通信の合資マーケティング会社「デジタルクラブ(以下、デジ社)」に無事入社できた。主要取引先は、古巣のスカパー社。須田氏は1年ほど、社内でも偽名の「山田八郎」として仕事をした。

2/5ページ

最終更新:3/10(日) 17:12
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事