ここから本文です

エリート夫の不倫癖、それでも「妻を愛している」というセリフにもやもや……離婚を考えるべき?

3/10(日) 19:02配信

Suits-woman.jp

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の悩みにこたえる本連載。今回の相談者は、榎本祥子さん(仮名・39歳・派遣社員)。

「結婚して10年、子供がいない夫婦です。夫は大手商社に勤務する5歳年上の自称エリートです。彼は離婚歴があり、前妻との間に息子が2人いる彼の希望で、私たちは子供を作りませんでした。

今回の相談は、結婚してから少なくとも4~6回、夫が浮気をしていることです。夫は浮気を隠さず堂々としており、朝帰りなどをしてバレるたびに私が一方的にキレています。

ものを投げつけても、ケータイを壊しても、夫に丸め込まれて仲直り、というパターンがここ10年も続いています。

とはいえ、夫も以前は隠そうとはしていたのですが、最近は開き直るようになってきたのです。

明らかに仕事ではない休日出勤の日に『あら、デートなの?いいわね』と嫌味のつもりで言ったら『そうとも、他の女なんて、よその家のトイレを借りるようなものだ。俺が愛しているのは君だけだ』と言って、出かけていきました。

なんというか、その物言いも気に入らないし、私は私だけを愛してほしいのです。

離婚すると言ったら、夫は踏みとどまるでしょう。これ以上離婚歴を増やしたくないでしょうし、夫はさみしがり屋です。

でも、最近はもう疲れてしまって。子供がいないから不安になるのかもしれません。私ももう、子供を作る最後のチャンスがきていることはわかり、もう潮時なのかなと思う時もあります。

夫は浮気以外、私のことを大切にしてくれています。おそらく離婚となったら、強硬に反対するはず。

そこでお伺いしたいのは、こういう場合、どのように離婚をすればいいのでしょうか。今までに、何回かホテルなどに家出して、また家に帰る……と言うことを繰り返しています。そのたびに、夫は優しく迎えてくれるのですが、このままもやもやして生活するのはもう嫌です。

でも離婚となると、今までのような生活はできなくなる。自分の人生をどうしていいかわからないのです」

1/2ページ

最終更新:3/10(日) 19:02
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事