ここから本文です

井上の強さが際立つ! パヤノ再起戦の完勝に米メディア脚光「残酷なKO負けから復活」

3/10(日) 19:33配信

THE ANSWER

14戦無敗のホープを破り復活、井上の強さが際立つ結果に

 ボクシングの元WBA世界バンタム級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)が9日(日本時間10日)米カリフォルニア州で再起戦に臨み、無敗のホープを相手に3-0の判定で完勝した。パヤノは昨年10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級1回戦で井上尚弥(大橋)に1回70秒KO負けを喫していたが、実力健在を見せつけた元王者に地元メディアは「余裕の判定勝ち」「残酷なKO負けから復活」と速報している。

【動画】決して弱くなかったパヤノを一撃で 「パヤノの顔を見よ!」と海外記者悶絶…井上が演じた“衝撃の70秒KO”を別アングルで捉えた決定的瞬間

 昨年10月の横浜アリーナで行われたWBSS初戦で井上相手に衝撃の秒殺劇を喫したパヤノ。再起をかけて21歳で14戦全勝のダミアン・バスケスを相手に迎えたが、キャリアの差を見せつけて内容で圧倒した。ジャッジ2人が9点差をつける、文句なしの判定勝ちを手にした。

 米放送局「FOXスポーツ」のマーク・オルテガ記者は「フアン・カルロス・パヤノが無敗のダミアン・バスケス相手に余裕の8回判定勝利。ジャッジ2人が80-71で、もう一人は79ー73」とツイッターで速報。下馬評の高かった若き新鋭を相手にしなかったパヤノの強さを強調した。

 ボクシング専門メディア「ボクシングシーンcom」も華麗に再起を飾ったパヤノの勝利を速報。「元世界王者フアン・カルロス・パヤノは2018年10月にナオヤ・イノウエに突きつけられた残酷なノックアウトから復活した」と報じた。

 スーパーバンタム級の名王者イスラエル・バスケスの弟で相手にしなかったパヤノ。“モンスター”井上の強さが際立つ再起戦となった。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:24
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事