ここから本文です

『翔んで埼玉』貧乳県との自嘲に埼玉出身グラドルが猛反論

3/11(月) 17:00配信

NEWS ポストセブン

 徹底的に埼玉県をイジる映画『翔んで埼玉』が大ヒット中だ。埼玉県では公開すぐに興行収入1位を記録。ブームはすでに全国に広がりつつある。しかし、作品中の「一言」が埼玉の女性たちの怒りを買ってしまっているようだ。

 それは、元AKBで埼玉出身の島崎遥香(24)の出演シーン。島崎演じる登場人物が、「埼玉の女性は平均Aカップ」「貧乳県なんだから」と自嘲して見せるのだ。

 この説に胸ぐら掴む勢いで反論するのが、埼玉出身でIカップ・96センチバストのグラビアアイドル・鈴木ふみ奈(28)だ。

「私だって、Hカップのグラドル・星名美津紀ちゃん(22)だって埼玉出身。他にも、胸の大きい友達はたくさんいます。埼玉は巨乳県。撤回を要求します!」

 それにしても、「埼玉の女性は平均Aカップ」という珍説は一体どこから来たのか──本誌・週刊ポストが調べたところ、どうやらセクシャルヘルスメーカー「LCラブコスメ」が7年前に行なった「都道府県みんなのバストサイズ」という調査が出典のようだ。しかしこの調査は昨年最新版に更新されており、そこでは埼玉県の平均は「Dカップ」へ3サイズもアップしていた。

 それを前出・鈴木ふみ奈に伝えると胸が晴れたご様子。

「“濡れ衣”が晴れて良かったです。埼玉は自然も豊かだし、ちょっとの移動で都心にも出られる。こんなに快適で健康な生活を送れる場所はないと思います!」

 もっとも、こうして騒がれること自体、制作サイドの思うツボかも。

※週刊ポスト2019年3月22日号

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい