ここから本文です

新元号の選び方に法則性 平成の次の頭文字はKか

3/12(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 内閣府本庁舎の地下1階にある「関係者以外 立ち入り禁止」の張り紙が出された部屋。官邸と地下通路で結ばれたこの部屋が「皇室典範改正準備室」で、事実上、新元号選考作業の“秘密司令部”となっている。

【図解】新元号はこうやって決まる

 厳重な情報統制を敷かれる元号案はどんな最終候補が残っているのか。「元号の歴史社会学」が専門の社会学者・鈴木洋仁氏によると元号の選び方には法則があるという。日本の元号は247あり、中国の古典から選ばれているが、使われている漢字は全部で72種類と少ない。

「とくに昭和と平成の2つの元号には共通する特徴的な傾向があります。これまでの元号に使われたことがない『初登場』の漢字と『頻出』漢字の組み合わせになっていることです」(鈴木氏)

 昭和の「昭」は初登場で、それまで元号にも一般にも使われていなかった漢字。「和」は19回使われている。平成は「平」が12回使われているが、「成」は初登場だ。

 第二の法則は、これまで元号の頭文字に使われたのはアルファベット15文字、そのうち明治(M)、大正(T)、昭和(S)、平成(H)と近代以降の重複を避けるなら11文字になる。最も多いのは慶応などの「K」(61回)、次いで「E」(27回)「J」(21回)「G」(15回)「B」(15回)などと続く。鈴木氏はこう予測する。

「第一候補は『喜永』です。喜は過去3回使われていますが、元号の1文字目は初めてになる。永は過去最多の29回使われている。初登場+頻出漢字の組み合わせになる。もう一つの理由は、今回の代替わりは崩御を伴いませんから、喜永には“日本に戦争がなかった平成という時代の喜びが永く続くように”という意味が込められています。

 第二候補は『景永』で、景は過去に1度しか使われていない。これも“平和な時代の景色が永く続くように”の意味です。頭文字はどちらもKなので、明治以降と重複することはありません」

※週刊ポスト2019年3月22日号

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事