ここから本文です

健康のためにセルフケアを習慣化する方法7つ|瞑想、運動などを続けるには

3/12(火) 11:10配信

ライフハッカー[日本版]

セルフケアは人によってさまざまで、ショッピング、ジムに行くこと、朝のメディテーション、チョコレートを食べること、本を読むことなど…。

【記事の全画像】健康のためにセルフケアを習慣化する方法7つ|瞑想、運動などを続けるには

つまり、自分のために何かを行うことなので、気分を爽快にし、元気を取り戻してくれるものなら何でもいいんです。とはいえ、面倒に感じずにご褒美として続けられる、日常的なセルフケア習慣を構築するのは難しいものです。

途中でくじけずに、長く続ける方法を専門家に聞きました。自分を大事にする「セルフケア習慣」のメリットは、こちらの記事で。

目次

1. なぜセルフケアが必要を考えてみよう

2. 睡眠や食生活など、基本的な欲求は満たされている?

3. ブレインストーミングをして、書き出してみよう

4. 意気込まず、小さなことから始めよう

5. 長さより、一貫して取り組もう

6. セルフケアのためのスケジュールを決めて

7. 既存の習慣の間に行う「サンドイッチの法則」を使う

1. なぜセルフケアが必要を考えてみよう

新しいセルフケア習慣を始める前に、なぜ自分がセルフケアを必要としているのか、時間を作ってじっくり考えてください。仕事を頑張りすぎているのか、いつも自分より他人を優先してしまうからなのか、少し深く掘り下げてみましょう。

また、目標も明確にしましょう。「もっと穏やかになりたい、集中したい、気分をすっきりさせたいなど、どうしたいのかをはっきりさせれば、取り組むべき適切な活動やルーティンが選びやすくなります」

と、認定コーチでモチベーションスピーカーのジェーン・スカダーさんは話します。

2. 睡眠や食生活など、基本的な欲求は満たされている?

人として最も基本的な欲求が満たされているかどうか、確認しましょう。

「“ほかの人を助ける前に、自分の酸素マスクをしっかり装着してください”というのは、飛行機に乗ると毎回聞く言葉ですが、人生においても大切なことです」

とフィラデルフィアで活動する心理療法士のレベッカ・ニューマンさんは言います。

「これは、睡眠、シャワー、栄養のある食生活、薬をきちんと飲むこと、水を摂ることなど、最低限のことをしっかり行ってはじめて、ほかの人をサポートできるということです」

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい