ここから本文です

人間と対話し成長する家! メルセデス・ベンツ初の電気自動車も収まったEQハウスが公開

3/12(火) 19:03配信

WEB CARTOP

室内にはメルセデス初の電気自動車「EQC」を展示

 メルセデス・ベンツ日本は東京・六本木に体験施設、「EQ House(イーキュー・ハウス)」をオープンすることを発表。2019年3月13日より約2年間の期間限定で展開される。ひと足早く、オープン前日に報道陣にお披露目された。

会場にはEQ POWERの名を冠したモデルも展示!

 EQ Houseはダイムラー社が2016年のパリモーターショーで提唱した中長期戦略、「CASE」が普及した未来のライフスタイルを表現した施設となっている。

 CASEとはConnected(コネクト)、Autonomous(自動運転)、Shared&Services(シェアおよびサービス)、Electric(電動化)を意味する。

 新型Aクラスに搭載された“ハイ! メルセデス”で話題の「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスピリエンス)」もこの戦略の1つといえるだろう。

 まずこの施設に足を踏み入れると、室内に駐車スペースが設けられており、この日はメルセデス・ベンツ初の電気自動車「EQC」が私たちを迎えてくれた。

 EQはダイムラー社がスウェーデンで発表したメルセデス・ベンツ電動モビリティを包括する新ブランド。Electric Intelligence(エレクトリック・インテリジェンス)を意味し、CASEの“E”(電動化)を推進するべく誕生した。2022年までに10モデルの電気自動車を導入する予定だと発表している。

家がユーザーの好みや快適性を把握する

 EQ Houseも新型Aクラス同様、“ハイ! メルセデス”の呼びかけに反応し、照明や空調、また「音楽をかけて」などのリクエストに応えてくれる。またメルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長の上野さんはこの施設を“成長する家”と表現し、AIによって個々の好みや快適性を学習するというから驚きだ!

 手の動きによってガラスの壁にクルマや部屋の情報を映し出したり、リビングは賑やかだと明るい照明に、静かな時は落ち着いた照明になりリラックス効果のある香りがするなどじつに未来的で、人が心地よく過ごせる機能が充実していた。

 この施設を手がけたのは竹中工務店。1200枚にも及ぶ外観パネルは1年365日の日照パターンすべてのシミュレーションし、最適な形状や配置を決めたという。パネルに開いたひし形の穴からは室内に光や風がに入るようになっており、心地よい空間が作り出されている。

 場所は東京・六本木のMercedes me Tokyo(メルセデス・ミー・トーキョー)に隣接し、入場は無料。またEQ Houseは約2年間、イベントの開催やさまざまな企業とのコラボレーションよって、EQモデルやメルセデス・ベンツの最新テクノロジーを展開していく予定とのこと。今後も目が離せない。

WEB CARTOP編集部

最終更新:3/13(水) 22:34
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事