ここから本文です

『私のおじさん』打ち上げで事件発生! 青木さやかが“ブチギレ号泣帰宅”の怪

3/12(火) 6:00配信

週刊女性PRIME

 3月上旬の夜、都内のカラオケ店でドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)の打ち上げが行われた。

【写真多数】超絶美顔な田辺誠一、城田優に「号泣帰宅」の青木さやから豪華キャストはコチラ

 同作は、ますだおかだの岡田圭右の娘・岡田結実が主演を務める社会派のコメディードラマだ。

「架空のバラエティー番組『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』を作るテレビ制作会社に入社した新人ADが仕事や恋に疲れ切った毎日を送っていたところ、妖精を名乗るおじさんが現れて、彼のアドバイスを聞きながら奔走する物語です。主人公のAD役を岡田さんが、妖精役を遠藤憲一さんが演じましたよ」(テレビ誌ライター)

 撮影現場は終始、和気あいあいとした雰囲気だった。

「休憩中に岡田さんが、触るとビリビリするおもちゃを城田優さんに渡していたずらをしたりしていました。いつも笑いが絶えなかったそうです」(テレビ朝日関係者)

制止を振り切って──

 当日は岡田や田辺誠一に加えて、城田、青木さやか、戸塚純貴、玉田志織など、主要キャストが集った。ただ、遠藤と小手伸也は欠席だった。

 午後9時半に1次会が終了。1次会で帰るメンバーは続々と外に出てきた。そんな中、注目を集めた人がいて……。

「青木さんはスタッフらしき人と言い争いをしていました。お酒も入っていたのか、かなり怒っている様子でしたね。ほかのスタッフが彼女をなだめていたのですが、制止を振り切って、そのまま泣きながら帰っていきましたよ」(目撃した女性)

 その後、残ったメンバーで2次会がスタート。

 2次会が終わると、参加者が続々と外へ出てきた。みんな一様に楽しげな表情だったが、その中でも主役の岡田はとびきりの笑顔を浮かべていた。

「彼女はまだ未成年なのでお酒は飲めないのですが、座長としてしっかり最後まで見届けていましたよ。関係者へのあいさつ回りも忘れずにやっていました」(会の参加者)

 父・圭右の定番ギャグではないが、18歳でここまでの気遣いができるのは“ワァオ!!”と驚くばかり。

 彼女が初主演のドラマは終わってしまったけれど、また、このメンバーで続編も“ヤッテミー”!

最終更新:3/12(火) 6:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」3/26号

特別定価400円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事