ここから本文です

若き日のモリッシーを描いた映画、『ENGLAND IS MINE』の日本公開が決定

3/12(火) 14:00配信

Rolling Stone Japan

1980年代、痛烈な言葉と音楽性でイギリスのミュージック・シーンを席巻した伝説のバンド=ザ・スミス。そのヴォーカリストとして知られるスティーヴン・モリッシーの若き日を描いた青春音楽映画、『ENGLAND IS MINE(原題)』が5月31日より日本公開されることが決定した。

1976年のマンチェスターを舞台に、高校をドロップアウトし、ライブハウスに通いつめバンド批評を投稿する日々の中で、出会いや別れ、苦悩と挫折を乗り越え、モリッシーがミュージシャンとしてのアイデンティティを確立するまでを描いた本作。2017年のエジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画祭に出品され高い評価を受けた話題作だ。監督を務めたのは『ハンターキラー 潜航せよ』などの製作にも関わるマーク・ギルで、イアン・カーティスの伝記映画『コントロール』も手がけたオライアン・ウィリアムズがプロデュースを務めている。


『ENGLAND IS MINE(原題)』より(©2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.)

皮肉屋でコミュニケーションが苦手、音楽への情熱は人一倍なのにどうして良いかわからず苦しむ、若き日のモリッシーを演じるのは『ダンケルク』のコリンズ役で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたジャック・ロウデン。モリッシーの才能を見抜き後押しするアーティストの卵、リンダー・スターリング役には『ダウントン・アビー』シリーズのジェシカ・ブラウン・フィンドレイが、職場の同僚でモリッシーを誘惑するクリスティーン役には新作ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』で暗殺者ヴィラネル役に大抜擢されたジョディ・カマーがそれぞれ演じた。また、1970年代を代表するバンドであるニューヨーク・ドールズ、ロキシーミュージック、セックス・ピストルズ、モット・ザ・フープルらの楽曲が劇中での挫折や苦悩を彩っている。

インタビュー集をはじめ関連書籍の発売が相次ぎ、5月24日にはロイ・オービソン、ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェルなどをカバーした新作『カリフォルニア・サン』もリリースと、精力的な活動でアーティストやファンの心を魅了し続けるモリッシー。その「はじまりの物語」をお見逃しなく。

<映画情報>

『ENGLAND IS MINE(原題)』
5月31日(金)よりシネクイントほか全国ロードショー
監督・脚本:マーク・ギル
プロデューサー:オライアン・ウィリアムズ
出演:ジャック・ロウデン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ジョディ・カマー
配給:パルコ
2017年/イギリス/94分/カラー/シネスコ/PG-12
©2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.
http://eim-movie.jp

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:3/12(火) 14:01
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.05

CCCミュージックラボ

vol.05
2018年12月25日発売

1000円(税抜)

特集:RADWIMPS
『ゾンビランドサガ』ポスター付き
BEST OF 2018
今市隆二、登坂広臣、他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事