ここから本文です

間違いだらけの「がん検診」 40歳からの「肺」「大腸」「胃」正しい受け方を検証

3/12(火) 8:00配信

デイリー新潮

年齢・部位別に検証! 間違いだらけの「がん検診」(2/3)

 厚労省の指針では、おおむね“40歳以上”が対象とされている各がん検診。だが、高齢者ともなれば、バリウムの誤嚥による肺炎や、内視鏡で腸に傷がつくなどの「偶発症」リスクがある。精神的、金銭的な負担もあり、国立がん研究センターの中山富雄検診研究部長も「傾向として、80歳を超えると健診のメリットはさほど増しません。一方で予想しない事故などのリスクはうなぎ上りです」と説く。あらかじめ知っておきたい、年齢・部位ごとの検診の受け方である。

【表】厚労省の指針

 ***

 まずは、数多のがんのなかで98年から死亡者数トップ、17年には7万4千人が亡くなっている「肺がん」である。

『日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』を著した「近藤しんたろうクリニック」の近藤慎太郎院長が言う。

「肺がんは、喫煙によりリスクが男性で4・4倍、女性で2・8倍高まると言われています。厚労省の指針では、40歳以上の人は年1回のX線検査となっており、さらに喫煙者は痰からがん細胞を検出する喀痰細胞診を受けますが、たばこを吸わない人でもX線検査は毎年の受診をお勧めします。なぜなら肺炎の発見にも有効で、また心臓も写るため、大きさで心不全の有無もチェックできるなど、メリットが多いのです」

 喫煙者については、体の断面図を撮影し、臓器を立体的に捉えるCT検査も検討すべきだという。

「X線検診を受けることで、肺がんの死亡率は3~6割下がると言われています。米国の臨床試験ではさらに、CT検診によってX線検診より死亡率が20%下がったとの報告があります。現在、CT検診は自治体の検診ではほとんど導入されておらず、人間ドックのオプションでは自己負担となりますが、喫煙者であれば2~3年に1度はCTを受けることをお勧めします」(同)

10年間は検診不要!?

 続いて「大腸がん」。年間の死亡者数は約5万人と、部位別では胃がんを抜いて2位である。

「1回の便潜血検査で進行がんを指摘できる可能性は30~56%、2回では80%を超えます。通常は偽陰性にならないよう2回採取します。大腸がんはポリープががん化するケースが多いので、その有無が重要となりますが、便検査で見つかる可能性は十数%でしかなく、やはり内視鏡検査が有効です。便検査を経ずに受診する場合、保険は適用されませんが、それでも40歳を過ぎたら一度は受けたほうがよいでしょう」(同)

 ポリープが成長してがんになるには数年かかるため、

「米国では大腸内視鏡検査でポリープが見つからなかった場合、10年間は検診不要だと患者に告げているといいます。目安として、80歳以上でポリープのない人は、あまり検診にこだわらなくてもいいと思います。内視鏡以外では、普及はこれからですが『CTコロノグラフィー』という方法があります。下剤を飲んで大腸を空にし、CTを撮って3D画像でポリープを調べます。大腸カメラでは腸の襞(ひだ)の裏が死角となって見落とすケースがありますが、これは360度見えるので発見の確度が上がります」(同)

1/2ページ

最終更新:3/12(火) 10:35
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事