ここから本文です

足立康史議員炸裂「共産党は破防法の監視対象」ってどういうこと

3/12(火) 6:31配信

デイリー新潮

「ある党」への批判

 共産党が怒っている。というといつものことのようであるが、今回の相手は安倍総理や現政権ではなくて、野党議員である。
 3月2日の衆議院本会議で足立康史議員(日本維新の会)は、「現在の政府与党よりもウソつきがいる」といって「ある党」への批判を口にした。
 足立議員は、「ある党」の党名は挙げないまま、「破防法(破壊活動防止法)に基づく調査対象団体」と表現し、さらに「破防法の監視対象である政党と連携する政党がまっとうな政党を標榜するのはおかしいし、そう考える国民は少なくない」という自説を展開。そして、「まっとうな政党」は「自民党」と「日本維新の会」だけである、と主張したのだ。

 補足しておけば、ここで「破防法の監視対象」と言われている政党は「日本共産党」。そして「連携」しようとしているのは、「野党共闘」をしようとしている旧・民主党系を中心とした野党のことだ。
 共産党は、そもそも破防法の監視対象とされている点に常々不満を感じていたので、改めてここでその話が持ち出されたことに対して、反発しているというわけだ。小池晃書記局長は、足立議員の発言に対して「時代錯誤のとんでもない攻撃だ」と記者会見で批判をしたとも伝えられている。
「事実無根」ではなく「時代錯誤」というのは、なかなか深い表現で、「昔はワルだったけど、今は違うんだからさ」と言っているように取れなくもない。
 そして共産党側の気持ちはさておいて、彼らは現在も破防法の調査団体ということになっている。なぜそうなるのか。『日本共産党の正体』(福冨健一・著)をもとに解説してみよう(以下、引用は同書より)

「2016年3月14日、衆議院議員の鈴木貴子が、『日本共産党と〈破壊活動防止法〉に関する質問主意書』を政府に提出し、共産党は破防法の調査団体かどうか確認を求めています。これに対し政府は、
『日本共産党は、現在においても、破壊活動防止法に基づく調査対象団体である』
『いわゆる敵の出方論に立った〈暴力革命の方針〉に変更はないものと認識している』
『日本共産党が、昭和20年8月15日以降、日本国内において暴力主義的破壊活動を行った疑いがあるものと認識している』
 という答弁書を3月22日、閣議決定しています」

 要するに、2016年の時点で政府は、日本共産党は過去に国内で乱暴な破壊活動をやった疑いがあるし、いまでも「暴力革命」をする可能性がある団体だという認識だ、と言っているのだ。

 もちろん、この認識に共産党が黙っているはずはなかった。

「答弁書に対し共産党書記局長の山下芳生(当時)は、
『公安調査庁は36年間調査したが破防法の適用申請を一回もしていない』
『わが党は正規の機関で〈暴力革命の方針〉をとったことは一度もない』
『憲法上の結社の自由に対する侵害だ。厳重に抗議し、答弁書の撤回を求めたい』
 など、政府答弁書の撤回を要求しています」

1/2ページ

最終更新:3/12(火) 6:31
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事