ここから本文です

セガ、ピエール瀧逮捕で出演ゲーム販売自粛 “キムタクが如く”としても話題

3/13(水) 15:40配信

KAI-YOU.net

セガは、ピエール瀧さんがコカイン使用の疑いで逮捕されたことを受けて、“キムタクが如く”として話題を呼んだゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』の出荷・DL販売を自粛する。

【本物そっくり】ゲームに登場する木村拓哉さん、ピエール瀧さん

木村拓哉さんが主人公を演じた同作に、ピエール瀧さんは羽村京平役として出演していた。

発表では「ピエール瀧容疑者が逮捕されたことは、大変遺憾なことと受け止めております」とコメント。

「逮捕報道を受け、現在事実を確認中」としながら、「当面の間、当該製品の出荷及びDL販売、製品HPの掲出等を自粛させていただくことといたしました」と説明している。

すでに公式サイトにアクセスできず、龍が如くスタジオの公式Twitterから関連ツイートが削除され、YouTubeにアップロードされていたPVなども閲覧できなくなっている。

木村拓哉の出演でも話題の『JUDGE EYES:死神の遺言』

現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う、本格リーガルサスペンスアクションとして2018年12月に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』。開発したのは「龍が如く」シリーズを生み出した、名越稔洋さん率いる「龍が如くスタジオ」だ。

任侠モノとして知られる「龍が如く」シリーズに新たな要素「調査アクション」を加え、事件の真相に迫っていくという物語。

主人公・八神隆之を演じる木村拓哉さんをはじめ、主要キャラクターには、谷原章介さん、ピエール瀧さん、滝藤賢一さん、中尾彬さんといった実力派俳優が出演していた。

体験版が配布された時点から、「龍が如く」の世界観が想像以上に再現されていたためか、“キムタクが如く“とも呼ばれ話題を呼んでいた。

メルカリやAmazonでは価格高騰の兆し?

販売自粛の発表を受けて、予想されるのがECサイトなどでの『JUDGE EYES:死神の遺言』の価格高騰だ。

3月13日15時30分の段階で、Amazonでは、Amazonが販売・発送する商品はすでに削除されており、小売店などの出品者からのみ購入できる状態だ。

価格は新品の場合は1万数千円ほど。定価がおよそ9000円だったことを考えると、やや値上がりしている。

一方、フリマアプリ「メルカリ」でも、急激な価格の上昇は見られず、発表前から出品されていたものはいずれも7000円前後。

今後、より高い価格での出品が増える可能性もあるだろう。

ピエール瀧の携わった作品はどうなる?

また本作にとどまらず、オラフ役の日本語声優を務めた『アナと雪の女王』や、現在放送中の大河ドラマ『いだてん』、電気グルーヴの楽曲など、ピエール瀧さんが携わる作品への影響も懸念されている。

これに関しては、海外での販売も予定されていたことから海外メディアでも取り上げられており、コカインに関する認識の違いもありつつ、「本気か? ゲームがコカインをやったってのか?」「なぜゲームの出荷をキャンセルする必要があるのか理解できない」などの声もネットでは挙がっている。

恩田雄多

最終更新:3/14(木) 12:08
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事