ここから本文です

ピエール瀧逮捕で電気グルーヴ商品が出荷停止 店頭在庫も回収へ

3/13(水) 20:40配信

KAI-YOU.net

ピエール瀧さんが麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことを受け、契約するソニー・ミュージックレーベルズは、ピエール瀧さんおよび石野卓球さんとのユニット・電気グルーヴ関連商品の出荷停止を明らかにした。

【画像】ピエール瀧さん出演ゲームも販売自粛

同社が扱う、CD・映像商品の出荷停止および店頭在庫の回収、さらには音源・映像のデジタル配信を停止する。

すでに電気グルーヴのYouTubeオフィシャルチャンネルからは、MVなどの動画が削除。Apple MusicやSpotifyではまだ楽曲が配信されているが、これらも今後配信が停止されるとみられる。

石野卓球とピエール瀧による電気グルーヴ

電気グルーヴは1989年、石野卓球さんとピエール瀧さんらが中心となり結成されたテクノユニット。

1991年にメジャーデビュー。1995年頃より、海外でも精力的に活動してヨーロッパツアーや各国でのダンスミュージックフェスティバルにも定期的に出演。

音楽の方向性や作曲は石野卓球さんがほぼすべてを担っていたが、唯一無二のパフォーマーとしてピエール瀧さんは強い存在感を放ち、ファンから支持されていた。

2001年の活動休止以降、それぞれのソロ活動を経て、2004年に活動を再開。以降、継続的に作品のリリースや全国ツアーを行なっている。

最近では結成30周年となる2019年1月、結成30周年記念アルバム『30』をリリース。さらに30周年ツアーを開催中だったが、ピエール瀧さんの逮捕によって中止が発表されている。

逮捕の余波で相次ぐ自粛、販売停止

出演ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』の販売自粛や日本語声優をつとめた『アナと雪の女王』の降板など、逮捕の余波は様々な方面に広がっている。

関わった作品の自粛や販売停止が相次ぐ中、出演するNHKの大河ドラマ『いだてん』は放送の継続を発表している。

今後の出演場面などは「対応を検討中」としながら、放送済みの番組を有料配信する「NHKオンデマンド」で、ピエール瀧の出演番組の配信を当面停止することも、あわせて発表している。

恩田雄多

最終更新:3/13(水) 20:48
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事