ここから本文です

ピエール瀧逮捕 捜査関係者が語るギリギリの家宅捜索「タイムリミット内に陽性が出た」

3/13(水) 19:00配信

文春オンライン

 3月12日にコカインを使用したとして、麻薬取締法違反の疑いでピエール瀧(51)こと瀧正則容疑者が逮捕された。現在身柄は警視庁湾岸署(港区)にある。

【写真】九段下の麻取周辺は、深夜にもかかわらず騒然としていた

 関東信越厚生局麻薬取締部(以下、麻取)は、瀧が「薬物を使用している」という情報をつかみ、捜査を進めていた。12日午後、世田谷区にある瀧の自宅を家宅捜索し、任意同行を求めて尿検査をしたところ、陽性反応が出たため逮捕した。

 13日午前3時25分、瀧の身柄は多くの報道陣に囲まれる中、九段下にある麻取から湾岸署へと移送された。

 捜査関係者が今回の逮捕について明かす。

「捜査の端緒となったのは、売人周辺からの情報提供だった。まとまった量のブツが出ることを見込んでガサに入ったが、目論見が外れて出なかった。ただ尿検査をしたら陽性が出て、逮捕に至った。コカインの場合、体質や状況、量にもよるが、一般的に使用して数時間で尿からの陽性反応が出なくなると言われている。今回はタイムリミット内に逮捕できたようだ」

 つまり、使用後間もなく、麻取がガサに入ったということだ。

 その際、麻取は自室にあったストロー状にまかれた韓国紙幣1枚を押収している。麻取はコカインの吸入に使ったものと見て鑑定を進めている。

「薬物所持で逮捕するには、決まったグラム数がある。韓国紙幣に付着した程度の量だと、『コカイン所持容疑』が認められない可能性が高いと思われた」(同前)

 瀧は、NHKの大河ドラマ「いだてん」や、雪だるまの妖精・オラフ役の吹き替えを務めたディズニー映画「アナと雪の女王」など、多くの作品に俳優・声優として出演している。今後の各局の対応や、巨額になると予想される瀧側が支払う違約金にも注目が集まっている。

 日曜夜11時半から放送されている「ゲンバビト」(TBS系)については、「今週末の放送分は、本人の出演シーンを削除して構成をする形で進めているようです。(番組がどうなるかなど)今後のことは未定です」(テレビ関係者)という。

 瀧の逮捕は、まだまだ大きな波紋を広げそうだ。

「週刊文春」編集部/週刊文春

最終更新:3/13(水) 23:09
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事