ここから本文です

本当にルーキーなのか? 小園海斗選手の可能性/立浪和義コラム

3/14(木) 10:59配信

週刊ベースボールONLINE

高い野球センス

 一軍で使うか、二軍でじっくり鍛えるか──。

 今、広島の緒方孝市監督は、悩んでいるかもしれません。

 ドライチルーキー、小園海斗選手です。今年は、素晴らしい才能を持った高卒新人がたくさんプロの世界に入りましたが、ドラフト前のスカウトの評判で、「一番プロ向き」という声が多かったのが小園選手のようです。

 私も自分が現役時代、最初に守ったショートということで注目していましたが、まず驚いたのが守備です。気負いもあまりなく、立ち居振る舞いが自信たっぷりに見え、「本当にルーキーなのか」と思いました。

 報徳学園高時代からそうだったようですが、肩に自信があるからでしょう。かなり深い守備位置をとり、必然的に守備範囲が広く、スローイングも安定しています。前方向へのダッシュも鋭く、打球判断の良さ、思い切りの良さを感じました。

 さらに、これはテレビの映像で見ただけですが、少しイレギュラーした打球を柔らかいグラブさばきで、うまく処理していたシーンがありました。高い守備センスを感じましたね。

 バッティングは、細身なので単打を狙って足でヒットを稼ぐタイプかなと思ったら、ここぞの場面ではしっかり強いスイングをし、パンチ力もある。スイングに悪い癖も特にありませんし、ショートに不安のあるチームであれば、開幕からレギュラーをつかんでもおかしくない力を持っています。

一軍で使ってほしい

 ただ、広島の二遊間は、菊池涼介選手、田中広輔選手と脂の乗り切った選手がいます。現時点では、決定的な選手がいない三塁も堂林翔大選手らがレベルの高い争いを見せています。

 もともとカープは育成力に定評があるチームなので、まずはオープン戦で一軍の実戦経験を積ませ、開幕からは二軍という選択もあるかもしれません。

 一軍でベンチにいるより、二軍で実戦というのは、それはそれで正解かもしれませんが、小園選手の現時点の仕上がりや、これからを考えれば、一軍で、しかも最初からレギュラーで使ってほしいな、とも思います。

 ショートは特に一軍での実戦経験が非常に重要なポジションだと思います。あれだけの守備力があれば、そちらで足を引っ張る心配はありません。シーズンが始まり、プロの投手の球に苦しみ、バッティングでプロの壁に当たることは当然あると思いますが、やりながら慣れていく部分もありますし、あの俊足があれば、センター中心に打ち返す意識を持つことでヒットも稼げるはずです。

 今年は、小園選手、さらに故障で少し出遅れましたが、中日の根尾昂選手と、高卒新人ショートに将来性豊かな好選手が多いですね。彼らがどのようなルーキーイヤーを送るのか、私も楽しみにしています。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事