ここから本文です

仕事で成功する女性は、人脈づくりに男性の“2倍”努力している

3/14(木) 8:11配信

WIRED.jp

よい仕事を得るためには、人的ネットワークを築かなければならない。要するに、人脈をつくり、適切な人たちと知り合うことが重要だ。その方法を心得ている人もいるだろう。しかし米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載されたある論文によると、男性にとって最も効果的なネットワークを女性が構築したとしても、不十分な結果しか得られないという。

SNS担当は「ピンクカラー」の仕事?

その背景には、男性には必要のない情報を女性が手に入れなければならない事情がある。では、どうすればそれを得られるのだろうか? ほかの女性からもらうのだ。

この研究は、ある名門のビジネススクールを卒業した人を対象に実施された。対象となる人たちが学生時代にやりとりした電子メールを基に、社会でどのようなネットワークを築いているか調査されたのだ。対象者のプライヴァシーを保護するため、ビジネススクールの名前は伏せられている。

男女とも就職後に地位の高いリーダーになったかどうかは、同級生のネットワークで「高い中心性(high centrality)」を有しているかと相関関係があった。わかりやすく言えば、社会で幅広い人脈をもつほかの同級生とのコネクションがあったのだ。仕事を探している人はこうした人脈のおかげで、誰が採用担当者か、どういった給与体系か、そして会社の評判はどうかといった有益な情報を手に入れることができる。

上級管理職に就いた女性の特徴

ただ女性の場合、上級管理職に就いた人にはもうひとつの特徴があった。仕事に関する一般的な情報をもたらしてくれる高い中心性に加えて、豊かな人脈をもつほかの女性たちと親しくなり、固い絆で結ばれていたのだ。

こうした絆は、仕事を探している女性にとって極めて有利に働く。このプラスの作用を「女性に特化した、プライヴェートな情報と援助」と研究論文の著者たちは表現している。

具体的には、次のような点を深く考察するうえで役立つ。この会社は女性を大切にしていて、女性のリーダーたちは尊敬されているだろうか? 殺伐とした職場ではなく、性的多様性の受け入れは進んでいるか?

このような疑問への答えは、女性が自分によりしっくりとくる仕事の求人に応募し、採用面接での発言を職場の文化に合わせてうまく交渉するうえで役立つという仮説を、研究論文の著者たちは立てている。

1/5ページ

最終更新:3/14(木) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい