ここから本文です

30日間で「脱・脚組み」を目指す骨盤エクササイズ

3/14(木) 21:01配信

ウィメンズヘルス

一日の大半は座りっぱなしのオフィスワーク。デスクでの仕事のとき、どうしても脚を組んでしまう……という方、骨盤を整えることで脚組み卒業を目指す「脱・脚組みチャレンジ」を試してみて。

【動画】3分で脚やせ!太もも、ヒップ、下腹部に効く筋トレ

指導してもらうのは、骨盤から全身調整を行うスタジオ「b-i STYLE(ビィスタイル)」のkyoさん。

そもそも脚を組んでしまう理由って?

「脚を組んでしまうのは、体がゆがみを調節しようとしているサインです」とkyoさん。「そして、体のゆがみに大きく影響しているのは骨盤の柔軟性です」。仕事やプライベートなど休む暇なく活動する現代女性には、「緩める・締める」ができない固い骨盤がとにかく多いそう。この固い骨盤をそのまま放置してしまうと、体はゆがむばかりで、なかなか脚組みを断てない体に。

脚組みの癖がある人は迷わずトライ! 骨盤を緩ませる5つのエクササイズ

ゆがみを調整すると言っても、どこから手をつければいいのかわからない人も多いはず。そこでkyoさんが一週間目から行うよう教えてくれた5つのエクササイズは、テクニックいらず、かつ簡単なので続けやすい。5分ほどで日々のゆがみをケアできるので、日常的に行うのがおすすめだそう。

基本的にゆがみの調整に効果的なのは、「振る」「揺する」の動きだというkyoさん。この5つのエクササイズは、まさに骨盤を「揺らす」ことで日々のゆがみを整えていく動作。エクササイズが5つもあると「かなり時間が取られるのでは!?」と思うかもしれないけれど、ご安心を。それぞれのエクササイズを行うのは最低1分のみ。また、テレビを見ながらでも、音楽を聴きながらでもできるので、寝る前のルーティンに組み込んでみて。特にあおむけの動作は仙骨が刺激され、眠気を催すので、お風呂上がりや就寝前に行うと、心地よく眠りにつけるはず。

エクササイズ1

あおむけに寝転がり、左右の骨盤(お尻)を交互に床に当てるように骨盤から体を揺らす。

エクササイズ2

あおむけに寝転がり、膝を抱える。骨盤の右側、左側に重心を乗せるようにゆらゆらする。このとき足と足を交差させないよう注意。

1/2ページ

最終更新:3/14(木) 21:01
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事