ここから本文です

「おとぎ話のよう」 本田圭佑の“日本凱旋ゴール”をメルボルンV監督が称賛

3/14(木) 6:10配信

Football ZONE web

マスカット監督が日本遠征を総括「本田とともに来られたのは新鮮な体験だった」

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は12日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節サンフレッチェ広島戦に先発出場し、一時は同点とするACL初ゴールを記録した。チームは1-2で敗れて連敗スタートとなったが、メルボルン・Vのケビン・マスカット監督は「Omnisport」のインタビューに応じ、本田の凱旋ゴールについて「おとぎ話のようだ」と称賛している。

【動画】メルボルン・V監督が称賛 本田圭佑の凱旋ゴールは「おとぎ話のよう」

 本田はACL初戦に続いての先発出場となり、名古屋グランパスに所属していた2007年以来のクラブの一員としての日本でのプレーとなった。前半3分に広島MF東俊希に先制ゴールを奪われる展開となったが、後半26分に右サイドのクロスに合わせた本田がスライディングシュート。鋭い一撃がゴールネットを揺らした。しかし後半41分に広島FW渡大生に勝ち越しゴールを奪われ、試合は1-2で終了。メルボルン・VはACL連敗スタートとなった。

 メルボルン・Vのマスカット監督は「Omnisport」のインタビューで、「本田圭佑とともにサッカーが盛んな日本に来られたのは新鮮な体験だった。彼が熱烈な歓迎を受けているところや、彼のファンへの振る舞いなどを見ているとね」と広島遠征を振り返り、本田の“凱旋ゴール”を称賛した。

「彼が大阪で生まれ育って、ACLで日本に凱旋し、同点ゴールを決めたことはおとぎ話のようだ。相手からすごく警戒されていて、スペースを与えられなかったけどね。彼が得点してくれたから、勝ち点を拾いたかったけど、そうはならなかった」

 チームを率いる立場から見ても、本田が凱旋試合で挙げたゴールには感じるところがあったようだ。メルボルン・Vはグループステージ突破への望みを懸けて、4月10日の第3節では広州恒大と対戦する。

Football ZONE web編集部

最終更新:3/14(木) 6:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事