ここから本文です

失点目立つマンU、夏の移籍市場で守備を強化か。38億円でトッテナム主力DF狙う

3/14(木) 11:40配信

フットボールチャンネル

 トッテナムに所属する30歳のベルギー代表DFトビー・アルデルヴェイレルトの獲得を、マンチェスター・ユナイテッドが目指しているようだ。13日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【写真】トビー・アルデルヴェイレルトのランクインはあるか? プレイヤー能力値ランキング

 2015年7月にトッテナムへ加入したアルデルヴェイレルトは今季公式戦38試合に出場。主力として活躍し、トッテナムのチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8進出などに貢献している。チームに欠かせない選手の一人だが、夏の移籍市場で売却することになるかもしれない。

 トッテナムとの契約は2020年6月まで。クラブから契約延長オファーも提示されているが拒否している。同紙によると、ユナイテッドがアルデルヴェイレルトに注目しており、2600万ポンド(約38億4000万円)での獲得を検討しているとのこと。

 少しでも移籍金を獲得するために、夏の移籍市場でオファーが届けば、トッテナムが売却に応じる可能性があるようだ。今季のユナイテッドは失点数の多さが目立っているだけに、夏の移籍市場でDFの獲得に動く可能性は高いだろう。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事