ここから本文です

6種類以上の薬併用で副作用 高齢者の「多剤併用」が問題化

3/15(金) 11:00配信

NEWS ポストセブン

 東京都在住の主婦・斎藤美子さん(仮名・65才)は、食事のたびに細かく仕切られた大きなピルケースを取り出す。そこには色も形もさまざまな錠剤が10種類以上入っている。

【表】65才以上が処方されている薬の種類

「この状態になったのは、5年前に血圧を下げる降圧剤をのみ始めたことがきっかけです。副作用で胸がむかむかするとお医者さんに相談したら、吐き気を止める薬を処方されて。その後、薬が増えたからか、胃が荒れてしまったんです。それをまた相談したら、胃薬ものむことになってしまって…。

 実は高血圧になる前から更年期障害で片頭痛があって、痛み止めものんでいるんです。しかもこの時期は、花粉症で薬がないと家事もままならなくって、気がついたらこんな量の薬をのむことになってしまいました」

 認知症になった母を施設に預けながら介護をする山崎よしえさん(仮名・54才)は、母がのんでいる薬の量に、ふと不安がよぎることがある。

「認知症の薬はただでさえ種類が多いうえ、施設に入る前から骨粗しょう症の薬やコレステロール値を下げる薬も継続してのんでいます。

 こんなに薬をのんでも、母の調子がいいとは思えないし、むしろ最近は、ぼーっとしていることの方が多くなったように思えるんです…」

 斎藤さんや山崎さんの例は決して特殊なものではない。多くの薬をのみ過ぎた結果、害が生まれてしまう「多剤併用」が問題になっている。

 厚生労働省の調査によると、1か月に1つの薬局から受け取る薬剤の数が5種類以上にのぼる人の割合は、40~64才で5人に1人、65~74才で4人に1人、74才以上になると半数近くが該当する。さらに4人に1人が7種類以上の薬を受け取っているのだという。

 厚労省は多剤併用を問題視し、「高齢者の医薬品適正使用の指針」というガイドラインを2018年5月に作成。国をあげて不要な薬を減らす取り組みを推し進めている。

 そもそも、なぜそんなにも多くの薬を処方されてしまうのか。在宅医療や訪問診療に取り組むたかせクリニック院長の高瀬義昌さんが解説する。

1/2ページ

最終更新:3/15(金) 13:34
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事