ここから本文です

ラグビーW杯、日本代表の最終兵器の名は「アタアタ・モエアキオラ」

3/15(金) 6:20配信

webスポルティーバ

 2019年ラグビーワールドカップ開幕まで、あと200日を切った。

 この残り少ない期間で、日本代表の新たな武器となる選手は出てくるのだろうか――。その問いに対し、ラグビーワールドカップのPRキャプテンを務める俳優・舘ひろし氏も期待を寄せる選手がいる。それが、トンガ出身の万能BK(バックス)アタアタ・モエアキオラだ。

【写真】福岡堅樹が語るラグビーW杯への想い。「巡り合わせの運に応えたい」

 すでに日本代表3キャップのアタアタは、ワールドカップに向けた日本代表候補選手(第3次トレーニングスコッド&ナショナルディペロップメントスコッド)計48名のなかで現在、唯一の「海外組」である。

 今年3月で東海大を卒業する23歳のアタアタは、4月から昨年度のトップリーグ王者・神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属する。それと同時に、神戸製鋼が提携しているスーパーラグビーの強豪チーフス(ニュージーランド)入りも果たした。

「早くスーパーラグビーでプレーしたい!」。アタアタは東海大時代、常々そう話していた。サンウルブズをのぞき、日本の大学からスーパーラグビーチームに所属した例は、過去初めてのことである。

 ただ、アタアタがどこまで出場できるのか、正直、懸念はしていた。チーフスはスーパーラグビー優勝2回の強豪で、LO(ロック)ブロディ・レタリックやSO(スタンドオフ)ダミアン・マッケンジーなど、「オールブラックス」ことニュージーランド代表の中軸も多数在籍している。かつては日本代表主将のLOリーチ マイケルもプレーした。

 しかしフタを開ければ、アタアタは開幕戦で控えながらスーパーラグビー初出場を果たす。そして第2戦はWTB(ウイング)で初めて先発を任され、切れの味のいいランニングで初トライも獲得。いきなり能力の高さを見せつけた。チームは現在4連敗と調子が出ないが、4試合中3試合に出場している。

 アタアタは12歳でラグビーをはじめ、東海大のチームメイトでもあったNo.8(ナンバーエイト)テビタ・タタフとともに中学3年時に来日し、東京の目黒学院に入学した。

 高校2年時には「花園」全国高校ラグビー大会にも出場。アタアタは主にSOとしてプレーし、力強いランで高校日本代表にも選出された。「トンガカレッジのアカデミーに在籍していて、本当はオーストラリアに行きたかったけど、声がかからなかったので日本に来た。今では日本が大好き。大トロやサーモンの寿司も好き。納豆も食べる」。

 東海大ラグビー部では、先輩のリーチですらなし得なかった「外国人選手初のキャプテン」にも指名された。もちろん、日本語は「高校時代にたくさん勉強した」だけあって、今ではすっかり流暢。「日本に来た時は少しだけホームシックになったけど、トンガの先輩やタタフがいたので問題なかった」と、日本語で懐かしそうに振り返った。

1/2ページ

最終更新:3/15(金) 6:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事