ここから本文です

過去の傾向+消去法→激走。ファルコンSは評価落ち2頭が狙い目だ

3/15(金) 6:40配信

webスポルティーバ

 3歳馬のマイルGI、NHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)へのステップレースとなるGIIIファルコンS(中京・芝1400m)が3月16日に行なわれる。

【写真】若葉Sの期待馬

 中京競馬場が改修されて、現在の条件となったのは2012年から。以降、同レースでは毎年のようにノーマークの伏兵たちが波乱を演出している。

 2012年には12番人気のレオンビスティーが、翌2013年には11番人気のカシノピカチュウが2着に入線。さらに、2014年には11番人気のアルマエルナトが3着に突っ込んできている。

 そして2015年には、なんと14番人気のタガノアザガルが大金星をゲット。2着に4番人気のアクティブミノル、3着に5番人気のヤマカツエースが入って、3連単は63万8950円の高配当となった。

 過去に穴を開けた馬たちを見ると、オープンや重賞を勝っている馬がその後のレースで敗戦。人気を徐々に落とすなか、ここで巻き返しを図って激走するパターンが多い。

 先述のレオンビスティーや、2017年に6番人気で3着となったメイソンジュニア、2018年に7番人気で2着と好走したアサクサゲンキなどの例がある。

 なお、穴馬とまではいかないものの、2015年に4番人気で2着となったアクティブミノル、2018年に5番人気で3着となったフロンティアも、それ以前に重賞勝ちがあった。直近のレースで振るわず、有力視されるまでには至らなかったが、このファルコンSで人気以上の結果を出して、力があることをあらためて示している。

 ここで再度、過去の穴馬の傾向を見直してみると、こうしたパターンは500万条件を勝った馬にも当てはまることがわかる。要するに、オープンや重賞を勝った馬と同様、2勝目を挙げたあと、以降のオープンや重賞では結果を出せずに評価を落とした馬が、この舞台で波乱を起こしているケースが結構あるのだ。

 いい例になるのは、先にも触れたタガノアザガルや、2016年に9番人気で3着に入ったシゲルノコギリザメ。また、こちらも穴馬とは言えないが、2012年に4番人気で勝ったブライトライン、2015年に5番人気で3着となったヤマカツエース、そして2017年に3番人気で快勝したコウソクストレートはこれに近いタイプだ。

 こうした過去の穴馬たちには、共通点がもうひとつある。その多くが5戦以上の豊富なキャリアを持っていたということだ。

 整理すると、今年も穴馬として狙えるのは、キャリアが5戦以上あって、ここまでに500万条件、もしくはオープンや重賞を勝っている2勝馬で、近走で振るわずに人気を落としそうな馬、ということになる。

 そこで、こうした馬を今回のメンバーから探してみると、イッツクール(牡3歳)、ジャカランダシティ(牡3歳)、シングルアップ(牡3歳)、スタークォーツ(牝3歳)、ハッピーアワー(牡3歳)、ブリングイットオン(牝3歳)、ローゼンクリーガー(牝3歳)と、7頭の候補が浮かび上がる。

 さすがに、これら全頭を穴馬としては推せない。もう一度、過去の結果を見つめてみると、2012年以降、牝馬で3着以内に入った馬が1頭もいないことがわかる。上記7頭から牝馬3頭は外していいだろう。

1/2ページ

最終更新:3/15(金) 6:40
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事