ここから本文です

【続報】「アラジン」フル予告が公開!ジーニー(ウィル)・スミスからの脱却

3/15(金) 22:40配信

エスクァイア

 2019年2月に解禁された「アラジン」の予告編で、ウィル・スミス演じるジーニーが登場し、Twitter上ではそれが「ブルーに染まったジーニーだ」と話題になっていましたが…。

【 写真 】30kg減で王子に変身した青年 ー それはまるでディズニー・プリンスのように

 先日フルバージョンの予告編が公開され、様々な姿に変身していきます。そこでは、映画中ずっとジーニーが青くないということが明らかになったのです。もちろん、青くない場合でもウィル・スミスはもうジーニーにしか見えません。最初は懐疑的に思っていた人や、残念ながら恐怖に感じてしまった人も、これでかなりイメージは変わるのではないでしょうか。

 そして、スミス(ウィル)・ジーニーだと話題になるのは、この映画の公開をそれほど待ちわびている人が多い証拠でもあります。前回、エスクァイア・デジタルでは「アラジンの公開が楽しみか?」という調査を行ったところ、約8割の人が「公開が待ち遠しい!」と回答しています。

 それほど、期待されているのがこの新生「アラジンです」。

 同映画の監督はガイ・リッチー氏。これまで、『スナッチ』や『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『シャーロックホームズ』などの犯罪映画を手掛けることでよく知られています。

 そしてもちろん、ディズニープリンセスの1人であるジャスミンが着用しているエスニックな衣装は素敵なものばかりです。(1992年に公開された『アラジン』では、ブルーアラビアドレスしかありませんでしたので…)

 そして、中には、アラジンの敵であるジャファーが”かっこよすぎる”と注目している人も…。劇中ではもちろん、(視聴者は)アラジンの味方であると信じていますが、アラジン派かジャファー派かで今後分かれそうな気もします。


 そして、この映画に絶対に欠かせないもの…「A HOLE NEW WORLD」は、映画公開まで何度も聴いてしまう人が続出することでしょう。

『アラジン』
2019年6月7日(金)全国公開

最終更新:3/15(金) 22:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事