ここから本文です

女子ツアー開幕。人気美女プレーヤー8名が「私の見せ場」をアピール

3/15(金) 8:01配信

webスポルティーバ

◆三浦桃香(20歳)
1999年2月12日生まれ。宮崎県出身。
2018年=33試合出場。最高位7位タイ。
賞金ランキング81位。QTランキング6位。

【写真】今季期待の女子プロ

 今季からギアとボールが新しい契約になったので、心機一転してツアーに臨みたいですね。そして、シード権と優勝の、どちらも獲れるようにがんばります。

 オフはトレーニングを結構やりました。ウエートトレーニングは以前からやっているんですけれど、今年は走り込みをかなりやったし、たくさん食べてウエートアップも少ししました。その結果、7割くらいのスイングでも、これまでと同様の飛距離で、安定感が出せるようになりました。また、昨季は苦手だったバンカーの練習も、このオフには相当やりましたね。

 ファンの人に見ていただきたいのは、昨年と一緒で”ダイナミックなゴルフ”です。ドライバーが安定してきたし、もともとフェアウェーウッドは得意なので、ロングホールではどんどん2オンを狙っていきたいと思います。


◆香妻琴乃(26歳)
1992年4月17日生まれ。鹿児島県出身。
2018年=22試合出場。ツアー1勝。
賞金ランキング46位。

 昨年は初優勝ができたので、今年も引き続き勝てるように、まずは1勝することが目標です。今は特にコーチがついているわけではないので、オフは自分で基礎練習を集中的にやってきました。

 今年は一試合、一試合、できるだけ笑顔でプレーするようにがんばるので、その辺りをギャラリーのみなさんには見ていただきたいです。


◆永井花奈(21歳)
1997年6月16日生まれ。東京都出身。
2018年=38試合出場。最高位2位タイ。
賞金ランキング22位。

 今年から、辻村明志コーチ(小祝さくらや上田桃子らを指導)に見てもらうことになり、オフはハワイなどの合宿で、練習とラウンドをしっかりこなしてきました。今シーズンは飛距離アップを課題にしているので、そのための素振りもみっちりやってきました。

 と言っても、プレースタイルは変わらず、アイアンやショートゲームが自分の持ち味だと思っているので、ピンを狙っていくショットを見ていただきたいと思っています。

 目標は、優勝することです。一昨年の初優勝(樋口久子 三菱電機レディス)は、最終日は雨で中止だったので、今度は3日間とか4日間のラウンドをすべてプレーして優勝する、というのが目標です。昨年はそれが実現できなかったので、今年はそれを果たせるようにしたいです。


◆堀 琴音(23歳)
1996年3月3日生まれ。徳島県出身。
2018年=34試合出場。最高位15位タイ。
賞金ランキング114位。QTランキング82位。

 昨年はシーズンの初めに手首の故障などもあって、それ以降、ショットの調子が悪くなり、結果的にシードを失ってしまいました。だから今シーズンは、まずシード復帰が目標です。

 昨季はシーズンの途中から森守洋コーチ(原江里菜らを指導)に教わるようになって、オフにはタイで合宿もして、ここまでいい感じで調整もできています。課題のショットがかなりよくなってきていて、パッティングも調子が上がってきているので、全体的に自信を持ってできるようになってきています。あとは「試合でどうかな」というところですが、とにかくがんばります。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事