ここから本文です

【海外ボクシング】ウィークエンド・プレビュー スペンス、“最強のライト級” と激突

3/15(金) 20:43配信

ベースボール・マガジン社WEB

 2019年最初のゴールデンカードだ。人気、評判とも急上昇を続けるサウスポー、スペンス。そしてライト級ではあのワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と並び立つ存在のマイキー。この両者が29歳と31歳という戦力の最盛期に、不敗のまま激突する。
※日付は現地時間

【この記事の全ての写真】ウィークエンドプレビュー

3月16日/AT&Tスタジアム(アメリカ・テキサス州アーリントン)

★IBF世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦
エロール・スペンス・ジュニア(アメリカ)対マイキー・ガルシア(アメリカ)
※日本時間17日午前10時~WOWOWメンバーズオンデマンドで生配信

スペンス:29歳/24戦24勝(21KO)
ガルシア:31歳/39戦39勝(30KO)

 戦前の予想は圧倒的にスペンス優位と出ている。当然と言えば当然である。身長177cmのスペンスがナチュラルなウェルター級なのに対し、マイキーのベストはあくまでもライト級。スーパーライト級でエリドリアン・ブローナー(アメリカ)やセルゲイ・リピネッツ(ロシア)に勝った実績はあるが、どこか “太め” 感は否めなかった。

 だとすれば互いのベストでの体重差はおよそ6キロ。過去にはロベルト・デュランやヘンリー・アームストロングらがこの “体重の壁” を克服したデータもあるし、スーパーライトで一度テスト済みで、さらに上積みしても十分に戦えるという手応えがマイキーにはあるのか。

 マイキーのすきのない攻防技術を考えるなら、それだけの自信を持ってもいいのだろう。が、スペンスのパンチはキレッキレだし、動きもシャープである。

 攻撃にはやるあまり、無駄な被弾もあるスペンスに、マイキーの角度のあるカウンターブローが入れば、確かにノーチャンスと言えない。

 スペンスは「これに勝ってパウンドフォーパウンド(全階級通して)のトップになる」と宣言している。一方、マイキーが勝てば歴史的なファイターたちと肩を並べることになる。やっぱり、この戦いはどうしてもライブで確認したい。

 もうひとつの注目は、このカードでどれだけの人が会場に集まるか、だ。アメリカンフットボールのカウボーイズのホームであるこのスタジアムのキャバシティは10万5000人。ボクシングでは2016年、カネロ・アルバレス(メキシコ)が5万2000人を集めたのが最高記録。テキサスでは大ヒーローのスペンスだけに、この数字にどこまで迫れるか。

1/6ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事