ここから本文です

井上尚弥に敵国も熱視線 プエルトリコ紙が特集「決勝行くにはマニーに勝つ必要ある」

3/15(金) 10:14配信

THE ANSWER

WBSS準決勝で激突ロドリゲスの母国紙が脚光「ナオヤは自らのスキルに懸ける」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。プエルトリコ紙で特集が組まれ、ライバルの母国で早くも熱視線を浴びている。

【画像】井上尚弥の方が自信満々!? ロドリゲスには「ヤバイというオーラなかった」と告白し、話題を呼んだ“電撃フェイスオフ”の実際の写真

「ナオヤは自らのスキルに懸ける」と見出しを打って特集したのは、プエルトリコ紙「プリメイラ・オラ」だった。

 記事では「WBAチャンピオンのナオヤ“モンスター”イノウエはWBSS決勝に駒を進めようとしている」と井上をクローズアップ。「そうするために、彼はスコットランドはグラスゴーで、プエルトリコ人ボクサーのエマヌエル“マニー”ロドリゲスに勝たなければいけない」と注目のセミファイナルを取り上げている。

 さらに、記事では井上がロドリゲス戦に向けて語ったコメントも紹介。「このトーナメントで優勝して、弟の拓真と118ポンドを支配したい」と語り、WBC世界暫定王者の弟とともに統一を宣言したことなどを伝えている。決戦まであと2か月以上あるが、事実上の決勝と呼ばれる一戦。PFP上位に選出されるスターの動向は、プエルトリコでも注目されている。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/15(金) 11:41
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事