ここから本文です

【MLB】Aロッド、伝説的名王者との2ショット公開も… 注目は耳!?「誰か耳をズームした?」

3/15(金) 19:33配信

THE ANSWER

タイソンとの因縁で知られるホリフィールドとの2ショットの注目ポイントは?

 米大リーグのヤンキースなどで通算696本塁打を放った名スラッガー、アレックス・ロドリゲスがインスタグラムを更新。ボクシングの元ヘビー級3団体王者で、マイク・タイソンに耳を噛みちぎられたことでも知られるイベンダー・ホリフィールドとの異色の2ショットを公開。ファンからは「偉大な写真」「レジェンズ」などとビッグな共演実現に驚きが広がる一方で、やはりホリフィールドの耳に注目する声も頻出している。

【画像】偉大な2ショットが実現も…注目はホリフィールドの耳!? Aロッドが公開した伝説的名王者との1枚

 最強スラッガーと名王者のビッグで異色なコラボが実現した。

 ティアドロップ型のサングラスに黒の半そでシャツ。左拳を握りポーズを決めるAロッドと肩を並べるのは、1980~90年代にかけてタイソンらとしのぎを削った名王者ホリフィールドだった。Aロッドとは対照的に右拳を握り笑顔を浮かべている。

 クルーザー級、ヘビー級の2階級で3団体のベルトを巻いたホリフィールドだが、一番のハイライトは1997年のタイソンとの一戦だ。王者として挑戦を受けた一戦は3ラウンド、タイソンがホリフィールドの右耳に噛みちぎり、さらに左耳にも噛みつき、同ラウンド終了後に失格負け。“世紀のリマッチ”として注目を集めた一戦だが、タイソンのまさかの蛮行ばかりがクローズアップされる形で、現在も語り草となっている。

ファンからは「彼はタイソンに耳を噛まれた男か?」の声も頻出

 その後もホリフィールドはリングに立ち続け、43勝10敗2分の成績を残し、51歳だった2014年6月に正式に引退を表明した。

 Aロッドは「ヘビー級史上唯一、4度世界王座を獲得。2階級制覇を成し遂げた、誰もが認めるチャンピオン。彼は今でも、リングに上がれそうだ。イベンダー・ホリフィールドは最高だ!」と名王者に敬意を示し、2ショットを公開。すると、ファンからは多くの反響のコメントが書き込まれている。

「レジェンズ」
「偉大な写真」
「べストフレンド」
「スーパー」
「誰か彼の耳をズームした?」
「彼はマイク・タイソンに耳を噛まれた男か?」
「この筋肉を見てみろよ」
「ワオ!」

 56歳にして若々しいホリフィールドの姿にも驚きだが、ボクシングのヘビー級の伝説的王者と並んでも体格面で全く見劣りしないAロッドの姿にも称賛の声が上がっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/18(月) 13:01
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事