ここから本文です

今季プレミア1得点のジルー、ELでは絶好調…最近7戦9発で得点ランク首位に

3/15(金) 19:32配信

フットボールチャンネル

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が現地時間14日に行われ、ディナモ・キエフとチェルシーが対戦。アウェイで5-0の勝利を収めたチェルシーが2試合合計8-0で決勝トーナメント進出を決めた。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 チェルシー大勝の最大の立役者となったのはFWオリビエ・ジルーだった。前半5分に左足シュートで先制点を記録すると、33分にも右足で2点目。60分にはチームの4点目となるヘディング弾を叩き込み、左右の足と頭による“パーフェクト・ハットトリック”を達成した。

 ジルーにとってはチェルシーで初となるハットトリック。今大会の得点数は9点に伸ばし、得点ランキング単独首位にも浮上している。

 プレミアリーグでは出場機会が減少しており、今季出場した20試合のうち先発は6回しかない。得点は11月の第13節トッテナム戦で決めた1得点のみとなっている。

 だが対照的にELでは爆発しており、11月以降の7試合で9ゴールを記録。英『BBC』によれば、チェルシーの選手が欧州の大会で1シーズンに記録した得点数としては2012/13シーズンのフェルナンド・トーレス(現サガン鳥栖)以来で最多となった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事