ここから本文です

男性の発言制限・飛び級昇進 女性登用はここまでやる

3/16(土) 7:47配信

NIKKEI STYLE

■主任級から係長越えて課長に昇進も

主任級から係長を飛び越えて課長になれる独自の人事制度「アーリーエントリー」をつくったのは大和ハウス工業だ。これまで合格した6人のうち5人が女性で、女性管理職増加に一役買っている。塚本千鶴さん(40)は16年、上司の推薦を得て合格、課長職に飛び級昇進した。入社5年目から誰でも挑戦できる。
塚本さんのキャリアは住宅展示場のスタッフから始まった。「寿退社していく先輩女性を見ながら、自分もいずれ結婚したら辞めなくてはならないのか」と漠然と思っていた。それでも仕事が好きで、厳しい上司の要求に応えるのに夢中になった。昇進を打診されたときは「次のステージで何ができるのか挑戦したい」と素直に思えたという。
塚本さんは昇進してから、育児休業中の社員の不安な声を拾い、託児サービス付きのランチ会などを企画した。他部と連携しながら課題を見つけ、ルールや制度を整備していく手腕は「自他共に認める」(人事部の須藤昇さん)と評価は上々だ。管理職の仕事に応えられる人材を発掘したい同社にとって良き例になっている。「飛び級は女性だけにとどまらず、転職者などの実力評価にもつなげていきたい」と同社人事部。
こうした女性の活躍を促す施策を「逆差別」「上げ底人事」などと批判する声があるのも事実だ。しかし、「米国では人種や性別などを理由に昇進や賃金の不利益が生じた場合、優遇措置を講じるのは逆差別にあたらないと厳格に定義されている。5年間、賃金を20%増しで支払うことが許されている」とリクルートワークス研究所人事研究センター長の石原直子さん。
日本のポジティブアクションは実力相応の評価や育児を担う女性の働き方を支える制度設計など「当たり前のことをやっているだけの場合がほとんど」(石原さん)。女性の活躍に企業の本気度が試されている。

■できることはまだ多い ~取材を終えて~

「育児休業を取り、時短勤務を受け入れてもらいながら仕事をさせてもらってありがたい」。今回取材をしながら、働く女性たちからはこんな言葉をしばしば耳にした。ある企業の人事担当者からは「女性の活躍の施策はやり尽くした感がある」といった声が。「これ以上の昇進や制度充実を望むのはぜいたく」とも聞こえた。
確かに育児支援策が充実し、子育てをする年代に働く女性の割合が低下する「M字カーブ」も解消しつつある。しかし、女性が働き続けることだけが女性の活躍ではない。女性管理職の比率は世界的に見劣りする水準。女性社員の能力発揮に向け、多様な機会を与えるなど、企業ができることは多い。手綱を緩めることなく、さらなる工夫に期待したい。
(松原礼奈)
[日本経済新聞朝刊2019年3月11日付]

2/2ページ

最終更新:3/16(土) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事