ここから本文です

バンド史上初の大規模企画展「ザ・ローリング・ストーンズ展」日本上陸!

3/16(土) 10:21配信

Numero TOKYO

2019年3月15日(金)から5月6日(月・振休)まで、TOC五反田メッセにて、世界的人気を誇る伝説のロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズ(THE ROLLING STONES)の、バンド自身のプロデュースによる初の大規模回顧展「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 」が開催。アート、フィルム、楽器、機材、写真、衣装、パフォーマンス映像など、500点を超える貴重なアーカイヴが展示される。

バンド史上初の企画展となる「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」は、2016年のロンドンを皮切りに世界主要都市を巡回しており、アジアでは日本が唯一の開催国となる。すでに開催されたロンドン、ニューヨーク、シカゴ、ラスベガスなどで、ファンだけでなく、音楽、美術、ファッションファンからも話題となっており、世界5ヶ所で100万人を超える動員を記録している。

会場では、初期にバンドメンバーが共に暮らした狭いアパートがリアルに再現され、実際に使用した楽器なども展示。さらにスタイル&ファッションギャラリーのコーナーでは、1960年代からこれまでの衣装が並ぶ。なんと、アレキサンダー・マックイーン、プラダ、ディオール、グッチ、エディ・スリマン、オジー・クラーク、ローレン・スコット、ジャン・ポール・ゴルチエ、マイケル・フィッシュらが手がけた衣装が並ぶ!

オリジナルアートワークは190点を超え、アンディ・ウォーホルをはじめ、デイヴィッド・ベイリー、ジョン・パッシュ、シェパード・フェアリー、ロバート・フランクなどなど、名だたるアーティストによる作品が展示される。

そのほか、ストーンズの楽曲を自分でミキシングできるコーナーや、貴重な映像が流れるプロジェクションルーム、そして臨場感たっぷりの3Dコンサートなど、体験型展示ももりだくさん。

また、会場では、1995年の来日公演を収録した『ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン1995』の特性スリーヴケース付き、ステッカー入りのスペシャルエディションも発売される。そのほか日本限定のオリジナルグッズも販売予定。

世界のカルチャーを牽引してきた、ローリング・ストーンズの壮大な物語をあらためて体感できる貴重なイベント、ファンはもちろん、ファンならずともぜひ一緒に追体験を!

Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展
会期/2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
会場/TOC五反田メッセ
住所/東京都品川区西五反田6-6-19
開館時間/11:00~20:00(日・祝日~18:00)※最終入館は閉館30分前まで
チケット/前売り:一般¥3,200、学生(中・高・大・専)¥2,000
当日:一般 ¥3,500 ※学生/グループの当日料金は無し、そのほか、土日祝限定の優先入場チケット(¥4,000)やVIPチケット(¥8,800)などがあり
*小学生以下入場無料(保護者同伴に限る)
TEL/0570-063-050(受付時間10:00~20:00)

最終更新:3/16(土) 10:21
Numero TOKYO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ