ここから本文です

一発屋王国! コンセプトは面白いのに続かなかった1代限りのホンダ車10選

3/16(土) 11:41配信

WEB CARTOP

今なおファンに愛されるモデルも多数!

 ホンダというのは不思議な傾向があって、ダメでもなんとか続けてみようという気が薄いメーカーのように思われる。クルマもそうだし、技術でもそう。もちろんVTECみたいにアイディアもので、一気に基幹技術になる場合もある一方、継承されない例も多い。一発屋的(失礼!)メーカーだったりする。

一発屋のトヨタ車7選 !

 今回は、そんなホンダで1代で消えたクルマを見てみよう。どれも個性的でいいクルマばかりと改めてシミジミ。続けて欲しかった。

1)ホンダ・ビート

 これはバブルという時代によって生まれたと言っていいだけに、1代で消えても仕方なしか。それはライバルのマツダAZ-1やスズキ・カプチーノでも同じ。実質後継車のホンダS660が出ただけでもよしとすべき。

2)ホンダS2000

 Sシリーズ以来のFR。そしてオープンでも高剛性を確保するための凝ったハイXボーンフレーム構造や軽量のためのアルミパネル採用など、ホンダイズムを最大限に注入したものの、1代限りで消滅。2200ccになるなど、最後のほうは迷走した感も。

3)ホンダCR-Z

 モーターショーでのコンセプトカーなど、ホンダCR-Xの再来と言われて満を持して登場。ハイブリッド初の6速MTとの組み合わせなど、ホンダらしい部分あったが、環境とスポーツの両立というコンセプト、グリーンマシーンというのはわかりにくかったか? 当初は売れたものの、尻すぼみで消えてしまった。

4)ホンダ・ザッツ

 個性派軽として未来的なデザインは話題になったが、これぞ一発屋的に1代でなくなってしまった。個性的すぎて、2代目を作るのが難しかったというのもあるか。

5)ホンダ・エレメント

 アメリカで人気だったのを、日本で逆輸入的に販売。わかりやすいクリーンなデザインと観音開きのドアが話題になったが、サーフボードを積めるように作られているだけに、日本市場ではかなり大きかったのはハンデだった。クロスオーバーSUVの神髄的なクルマだが、早すぎた感もある。ちなみに日本で売られていたのはたった2年。

6)ホンダHR-V

 1998年登場と、これまた早すぎたSUVだが、もともとは東京モーターショーで話題になったJ-WJがルーツ。それだけにデザインコンシャスなSUVとして異彩を放ったが、3ドアに加えて、5ドアが登場した時点でコンセプトがぶれた感じ。とはいえ、SUVで3ドアだけというのは実用性に欠けるだけに、難しいところだ。ちなみに海外では車名は使われているが、まったくクルマとしては別物。

1/2ページ

最終更新:3/16(土) 11:41
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事