ここから本文です

結婚相手に「年収」と「学歴」を求めすぎた “高収入の女” の後悔を見抜く

3/16(土) 21:00配信

週刊女性PRIME

「こんな方と結婚したい」という理想は、どなたにもおありだと思います。ご自身の結婚ですから当然ですよね。また、「妥協してまで結婚したくない」というのも婚活者からよく聞く言葉です。 
 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『“妥協”するのではなく“妥当”なお相手を探しましょう』です。

女性の稼ぎをあてにされるのは嫌!

 先日、33歳年収1300万円の女医、亮子さんから、こんな婚活相談を受けました。

「大手の結婚相談所に入っているのですが、こちらの希望にかなうお相手からの申し込みがありません。こちらが希望する男性に申し込んでもお見合いを受けていただけないし、現状でお見合いが組めない状態です」

「どんな男性をご希望なんですか?」とお聞きしたところ「できたら私の年収に近い方、もしくはそれ以上の方」とおっしゃいます。そして、こう続けました。

「私の年収に近いかそれ以上の男性は、女性に若さや容姿を求めています。バリバリ外で働くよりも、仕事は腰かけ程度でいいからいつもキレイにおしゃれをして、家のことをちゃんとやってくれる女性と結婚したがっている。だから、私は選ばれないんです」

 そこで、私は言いました。

「33歳で1300万円を稼げるというのは、誰にでもできることではないですよ。それだけの年収を得られるのは、亮子さんにそういう能力と才能があるから。

 素晴らしいじゃないですか。今は男女平等の社会なのだから、亮子さんが男性を養うくらいの気持ちで、年収には目をつむったらどうでしょう。そうすれば、たくさんの方とのお見合いが組めるのではないですか?」

 そんな私の言葉に、亮子さんは不満げに言いました。

「以前、同い年で私の年収の半分くらいの人とお付き合いしたことがあったんです。最初はうまくいっていたんですが、だんだん男性が働く意欲をなくしていって、あげくの果てに『2人で住むマンションを買ってほしい』と言われました。そうした言動に、私の気持ちもだんだん冷めていきました」

 亮子さんの半分の年収だと、650万。30歳前後の男性だったとしたら、立派に稼いでいると胸を張れる金額です。ですが、彼女が2倍も稼いでいるのだから、マンションをねだってもいいだろうと思ったのでしょうか。

 ただ、物をねだられる行為というのは、ねだられた側は心地いいものではありません。それが1杯600円のコーヒーだったとしても、デートのときに男性がお財布を開こうとせず、「このコーヒー、ゴチな」と言われたら、女性はムッとするでしょう。

 それが何千万円もするマンションだったら、たとえそれを買える経済力があったとしても、確かにいい気持ちはしなかったのでしょうね。

1/3ページ

最終更新:3/16(土) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」4/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事