ここから本文です

お金がないからコンビニ強盗を…人が「爬虫類脳」に負ける理由

3/16(土) 10:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

関西での肉バル店展開に挑戦した2社のうち、成功したのは「企業理念」を重視した1社でした。本記事では、人間の脳の構造をイメージし、人や企業が目標を達成するために必要な長期的思考を身につける具体的なメソッドとして「理念」があることを紹介します。 ※本連載では、アクセスグループ代表、税理士法人アクセス代表税理士・鈴木浩文氏の著書、『親父いつ社長やめるの? ―創業者があなたに事業承継しない決定的な理由―』(アチーブメント出版)から一部を抜粋し、人財・理念承継のポイントを解説します。

「短期的な思考と長期的な思考」の違いとは?

私たちの会社の理念は「社員の成長の革新により社長を元気にし、お客様を100年企業に導く」というものです。

100年というと、私の代では見届けられません。見届けるのは次の代、あるいはそのまた次の代でしょう。企業理念は長期思考です。

人は物事を長期的に考えると、悪いことはしません。これから20年以上付き合う隣の家の前でゴミを捨てますか? 絶対に捨てません。めったに通らない所だからついゴミを捨ててしまうのです。

このように多くの人は短期的な思考と長期的な思考を使い分けています。

行き過ぎた短期思考の例が強盗。お金が欲しいから近所のコンビニを襲うというのは超短期思考です。今は防犯カメラが至る所に設置されている時代なので、警察につかまる可能性は高い。それでも強盗するというのは、長期的に物事を考えていないからです。しかも、人手不足の今なら、コンビニのアルバイトの時給はけっこういい。長期的に考えれば、強盗するよりもバイトしたほうが圧倒的に割りがいいのに、長期的に物事を考えないから悪いことするのです。

自分のことばかり考えるのが「人間の本能」である

それでは長期思考と短期思考はどこからくるのでしょうか。

アメリカのポール・マクリーン博士は“脳の三層構造説”の仮説を立てました。進化の過程で一層目の爬虫類脳から二層目の哺乳類脳へ、そして三層目である人間脳になったという説です。

爬虫類の脳は一人称でしか物事を考えられないそうです。自分のことだけです。

哺乳類は少し賢くなって、群れで暮らすようになり、役割分担して、まわりとうまくやっていこうという発想が出てきました。あなたたち、つまり二人称のことまで考えられます。

人間の脳はさらに前頭葉が発達して、「みんなのため」を考えられます。つまり第三者のことを考えられる三人称脳です。

ところが、人間として発達した脳より、爬虫類時代からの脳のほうが、20倍の引力があるそうです。人は少し気を緩めると、爬虫類脳に引っ張られて自分のことばかり考えてしまいます。

[図表1]脳の3層構造(ポール・マクリーンの脳の3層構造)

ということは、「世のため人のため」というきれいごとを20倍考えてチャラ。朝から晩まで人のことを考えているくらいでようやく長期的思考が身につきます。

私たちは、爬虫類の一人称脳になっていることを自覚すべきです。放っておくと、自分のことばかり考えて、まわりをないがしろにするのが人間です。それが本能です。

顧客の利益と自分の成績、どちらを優先していますか? 顧客の不利益に目をつぶって、自分の営業成績のために商品を売りつけることはありませんか? そのまま野放しにしていたら、顧客からの信頼も社会的な信用も失ってしまいます。

私たちには、爬虫類脳から人間脳に引き寄せてくれる何かが必要なのです。それが企業理念です。

1/2ページ

最終更新:3/16(土) 10:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事